看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































オープニングスタッフ看護師東京

いつ働くか休むかをコントロールしやすく、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを選んで働ける、等などが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。働く期間も様々で、単発、短期、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、こちらに都合の良い派遣先を、ある程度選べる訳ですから、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職してみても良いのではないでしょうか。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。

 

どこの医療機関でも、看護師は人手不足になりがちで、そのため求人の数はとても多いのです。
今いる職場において、そこでのハードワークに見合う給料をもらっていないと感じていたり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。
現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、給料や労働条件の確認も大事ですが、それだけではなく、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。

 

看護師がかぶる帽子というのは、看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。

 

料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。ですが、近年では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。

 

髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは物悲しく思えますが、それも世の中のトレンドとして受け入れていくしかないのでしょう。看護師の資格のある人は法律では、医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが例外として医師の指導のもとであれば許可されているものもあります。
ですが、患者さんの状態によって、緊急事態には、経験を積んでいる看護師に限り、部分的に医療行為も許可されてもいいのではないかと考えています。海外で日本の医療を提供できたらと思案している看護師の方もいるでしょう。

 

 

 

海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、看護師は常に求められているのです。

 

 

海外で看護師とし働くためには、医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、英語が必要になります。

 

本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、このまま看護師を辞めた方がいいのかもしれない、と一人で悶々と考え込んでしまいました。

 

さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、転職という選択をすることにしたのでした。

 

それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、思いつく限りの工夫を凝らして書き上げましたけれど、自分はもう子供ではなく、人生に関わる大事なことは決断を自分で下して、責任を果たしていかなければ、とわかったのです。

 

 

資格の面からみると看護師の資格というものの最大の利点は、やっぱり、働いていない期間が長くあったとしても、また看護師に戻れるという点です。
どうしてかというと、看護師の仕事が専門職だということ、現場の人手不足の問題が大きくかかわっていると言えます。

 

どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば条件に合えば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。

 

 

 

看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないということも、しばしば言われるようですが、どうやら、看護師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。
一般的な女性の傾向として、気の合う者同士でグループを形成しやすくあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。慣れていないと、そんな環境にいい加減、疲れてしまうかもしれません。

 

でも、それもこれも、ただ職場に女性が多いからであり、そのことは納得しておくと良いかもしれません。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、配属された科の診療内容によって、看護技術やケアなど、看護の方法が違います。

 

 

ローテーション研修は、看護師にとってひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、看護師として全体的なものの見方が出来るようになり、知識を深められるでしょう。

 

 

看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、看護師としてのやる気も上がります。

 

常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、実は意外と調整しやすいようになっています。

 

 

 

どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、育児と仕事の両立を図りつつ、それ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。例えば子供の急病など、退勤を含め臨機応変な対応が必要になることが多い割に、ともあれ働き続けていられるということは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。
補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは求人が途切れるようなことはありません。その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、とても良い条件の仕事先を発見することもできます。

 

 

近頃ではインターネット上に看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、そういったところを利用して優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。看護師は、患者と関わることが多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮することをおススメします。
いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、まずは清潔感を重視した髪形にすることが良いと思います。病院の雰囲気や方針次第で、ルールがそれぞれ異なるケースがあると理解しておきましょう。

 

病院にもよるのですが、看護師がもらえる報酬は、様々な他職業と比べても、給料はかなり高めになっている、ということはよく知られています。

 

特殊な、医療現場という場所での労働ですし、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか進んで残業をたくさんするというような看護師ですと、給料はもちろん、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。
収入に関しては、看護師は高給取りではありますが、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。病院以外の働き口も看護師には多く、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。

 

とは言え、メインで働いている職場の規定でWワークを禁じていることがあったり、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、無理をしてまで副業を行うのは、感心できません。最近の交代勤務、社会で「シフト勤務」と呼ばれる勤務形態の代表的なものとして、病院に勤務する看護師があります。

 

勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、看護師経験が浅い間はほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。

 

 

 

個人的な話ですが、妻も子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、特に夜勤の夜は、子供がなかなか寝付かず苦労した覚えがあります。

 

 

 

すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。

 

 

 

その労働環境は厳しく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。
きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。

 

転職活動を行う時には、看護師であっても当然、履歴書が要りますが、気を付けるべきことが存在します。

 

何だと思いますか?それは、履歴書に書くことの中でも特に志望の理由の書き方です。

 

 

 

具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、技術を磨くことが出来そうだからというような動機や、今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由など「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。
職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、その技能を一番発揮できる場所で働けるようになるはずです。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、高い確率で病棟勤務にまわされるでしょう。行なう業務の難易度などによっては給金が変わることを頭に入れつつも、きちんと自らの希望は伝えておくのが良いでしょう。

 

 

妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事として胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、慎重に行動してください。

 

 

 

それから、薬についてですが薬品に触れることは大変に多い訳ですし、軽く考えない方が良いでしょう。
また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、流産してしまったり、早産になってしまうなどの確率が若干高めです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。
ハードながらもしっかり稼げるお仕事、看護師を目指したいのであれば、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。

 

 

 

試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、在学中きちんと勉学に勤しんでいた学生にとっては、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。
そして、看護師を育てる専門機関は専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。