看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































ナースではたらこディップ

看護師として勤務していくうちに勿論逃げ出したくなることも少なくないでしょう。
仕事上のミスや、患者さんとのトラブルなどもあるのです。ですが、それだけではなく、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと感じることも多くあります。先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。

 

働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。

 

そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、少し念入りに求職活動を試みれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。最近スマホやPCで閲覧可能となっている求人サイト、それも看護師専門のものが豊富にあるようですので、会員登録して上手く活用しながら最適の仕事先を見つけてください。看護師とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使と呼ばれている通り、往々にして、良い印象を持たれていることが多いと言えます。とは言え、実際の看護師の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。
良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、看護師が実際どのような働きをしているのかを知ってほしいと思います。看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務を条件に、転職を考えてみてください。ですが、忘れてはいけないのが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、夜勤で働く看護師より収入が減ってしまう事がほとんどです。

 

 

 

例え年収が下がったとしても、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。どういった場合に、看護師がもっとも仕事のやりがいを感じるかといいますと、患者さんが元気になって退院していくだけでも嬉しいのに更に、後になって、病院まで挨拶をしに来てくれるような時でしょう。また、特に患者さんのご家族から涙ながらにお礼を言われるような時も、しみじみとやりがいを感じられます。

 

 

 

よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、多分看護師はもう辞めたい、などと願い、悩んでしまうと思うのです。止まらない少子高齢化の影響。
とりわけ医療職に就く人たちがもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。なので、今でさえ足りていない看護師ですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが一つの理由といえるでしょう。
笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、看護師の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、意外と未婚の人が多いようですね。

 

 

調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚が極端に分かれていると言えますね。

 

晩婚になる理由を挙げるとすれば、出会いが無かったり、自分の出世を考えて婚期が遅れるようです。
日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、つらいこと、大変なこともあります。

 

そしてつい、楽な病棟はないか、などということを真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれないと考えられている病棟は、辛い残業がほとんどない、という点で眼科、精神科、皮膚科や整形外科あたりのようです。

 

 

ところが、専門性の高さですとか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。私の仕事は病院事務です。
通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、どの方もいつもせわしなく働かれています。

 

家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。

 

でも、私が思ったよりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、子供を連れてきている看護師さんが結構たくさんいたんですよ。

 

参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。

 

 

たくさんの人と出会える街コンですがこれに参加を申し込む看護師は多数います。
職場では女性が多数で、男性との出会いのチャンスがなくて、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。

 

 

 

街コンの場面でも、看護師は人気があります。ですが、もしも新しい出会いがあっても仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、結局は別れてしまうケースが多いそうです。看護師と言えば、勤務時間中はとにかく仕事に追われることが多いのですが、仕事上での必要性や重要度は大変高く、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、看護師も病院に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、人員を交代させながら業務につくことになります。

 

 

こうした交代制の勤務では、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと充分な睡眠すらとれず、疲れやすくなる等、良くない影響が出てくるでしょう。
高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、ここ数年でどんどん治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。

 

 

ですから当然、医療機関で働く看護師も大勢が働いているべきなのに、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それによって求人も多くなりますから、看護師にとっては、転職がやりやすいといった助かる点もあります。
専門職だけあって、看護師という仕事についていると、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。

 

 

 

結婚や引っ越しといったような諸事情による転職も多いですが、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。転職を希望する理由がそうしたものであるなら、かなり具体性のある志望動機を持ちましょう。

 

でないと、転職させてもらえないことだってあるかもしれません。もっと多くの経験を積むために総合病院を希望したい、小規模な病院では引き受けることのない、高難度の治療に関与したい、など志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。

 

医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制か、最近は3交代制の方が多いようですが、交代制を敷いて誰もが夜勤を経験します。

 

 

 

夜勤においては医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、それなのに、夜半に腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。

 

 

かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、おそらく日勤を超えるでしょう。

 

特に90年代の終わり頃でしょうか、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風に世間的に認知されていた節があります。

 

 

しかし、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できることを、知らない人はあまりいないはずです。
何しろ看護師の給料といえば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯の維持が可能なほどなのです。要するに看護師は確実に高給を得られる専門職なのです。看護師として働く中で、もし妊婦となったのであれば、気をつけたいのは胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、細心の注意を払ってほしいところです。薬品についても病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。
ぜひ妊婦としての自覚を持って、適度に休憩してください。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとして外せない理由の一つに収入が高いという点があります。

 

卒後間もない看護師の場合も、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、より高収入といえるでしょう。
しかしながら、そんなに高いお給料ももらえるのですから、自分の腕を磨いて、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。看護師という仕事をしているのは大半が女性なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、高い離職率の仕事であると言っていいでしょう。

 

 

 

加えて、働く時間が規則的でないこととか、過酷な労働環境だということも相まって、離婚率についても高くなっているようです。

 

 

 

たとえシングルマザーであっても十分子育て出来るくらいお金が入ってくることも女性の離婚の決意の後押しになっているともいえるのではないでしょうか。

 

 

 

看護師の勤務先は、病院以外にもあります。

 

数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも看護師の働けるところは十分にあります。
グループホームで生活しているのは、認知症のため生活に支障をきたしている方々なので、そのことを心に留めて介護することが重要です。
介護方面に興味のある看護師は職場としてグループホームを選ぶということも考えてみると良いでしょう。
看護師の資格というものは日本の法律では医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。
看護師の医療行為というものは実は認められていないのですが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。ただ、患者の状態が悪くなり、緊急の場合や、緊急事態には、キャリアのある看護師には一部の医療行為を認められる必要もあるのではないかと考えます。