看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































ナースパワー応援ナース求人

たいていの場合、看護師の人間関係は良くないと、当たり前のように囁かれたりしていますが、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。
俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。
それは協調性の高さの表われでもありますが、あれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。そんな職場の人間関係がわかってくるといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。
色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、なんといってもブランクがあったとしても心配はいらず、再度職に就くことが可能だということでしょう。
理由として、看護師が専門職だからということと人が足りていないことが大きくかかわっていると言えます。
転職先も雇用形態も特に希望しなければ極端に言えばたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。

 

 

 

看護師試験合格に向けて学ぶ場所として看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。大学の特徴を挙げると、高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目によって、さらに幅広い見識を深められるという点にあります。
その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、実習など現場に即した内容が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。

 

加えて、学費の面についても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。
思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは中学の時の職場体験で、介護施設に行ったのですが、そこの看護師さんに感銘を受けたのが事の始まりでした。
将来的にはこういった職業で働いていきたいと思ってそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。
いやなこともありますが、それなりに充実していると思います。看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。一般的なほかの職業とは違って、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、うまく休みを使えば、Wワークで稼ぐことも結構、簡単にできるのです。
とはいっても、メインで勤務している職場が副業を禁止、としていることもあります。また、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。

 

往々にしてキツイと考えられがちな看護師の仕事。労働時間が労働基準である8時間以内で済むのは個人医院やクリニックのような夜勤のない職場に限った事でしょう。

 

 

例えば二交代制の病院勤務だと、途中で休憩をとることはとるのですが、実際には16時間働くことになってしまうといった場合もあります。こういった長時間労働の現実も看護師として勤務することがキツイというイメージを持たれる原因になっていると思います。国外で助けを求めている人に、医療に携わる者として何かできる事がないのかという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。現実に、海外で日本の医療に対する需要の高まりから、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。
海外においては医師、患者との意思伝達を十分に満たすためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。

 

 

 

看護師として海外で働きたい場合、しっかりと英語を学ぶ事をお勧めします。交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、カレンダー通りに土日祝を休みにすることもできます。

 

病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。
何か不測の事態による緊急の出勤や、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。

 

 

あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、そういったところは高い確率で土日祝日は休みをとれるでしょう。

 

転職の際には、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、その際、注意点があります。

 

それは何かと言いますと、履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をどのように記入するかです。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、「ステップアップすることが出来そうだから」とか過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったようなやる気に満ちたような内容がいいと思います。看護師というものは勤務時間が一定でないことに加え、過酷な労働環境だということも相まって、看護師以外の職業への転職を考える人もよくいるといいますが、実をいうと、看護師の資格を持っているとそれ以外の職場にとっても役立てられることがよくあるといいます。
いくつか例を挙げるならば、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、もしも未経験でも、保育に関係する仕事やリラクゼーションサロンのようなところへの就職は容易に可能でしょう。病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師は夜勤で働く必要のある仕事です。
夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。

 

それは、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。
主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。

 

一方の3交代勤務では休みと出勤が8時間で区切られるため、家に帰っても十分に休めない事もあります。

 

就職先として考えている病院がどのような勤務形態なのか調べておきましょう。病院という場所で働く看護師は神経を張りつめていることが多く、そうこうしているうちに多くの看護師はストレスに悩まされます。
ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、メンタルの部分にもかなりのプレッシャーがあるということです。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を知っているかどうかということは、看護師であり続けるためには重要なキーポイントになり得ます。

 

 

 

看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですがこの二つを漢字で書き表すとどちらでも書くことができます。

 

かつては看護士と書くと男性を、女性の場合は「看護婦」と、明らかに分けて使っていました。でも、2001年に法律が変わったことを契機として、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な看護師の呼び名にまとめられることになったわけです。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。
普通やることもたくさんあるのですが規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、仕方なく残業することも日常茶飯事です。
ですが、多忙を極めていてくたびれている時でも患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。直前まで愚痴を言っていても突然笑顔になるのです。

 

看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。

 

 

 

日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。退職する時に出る手当である、退職金については、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、公務員や準公務員の扱いになることもあって、勤続年数などから計算され、そうした規定に沿って支払われます。
ところが、個人病院の方では、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、結局は院長先生の考え次第となるようです。

 

 

勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。

 

看護師の仕事は異業種に比べると高給です。

 

 

その結果かどうかは不明ですが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。なのですが、多忙を極める仕事です。ほとんど休めない様な病院もあって、金銭的に浪費する時間的余裕もなくて、貯金が増える一方だと聞くことがあります。

 

 

給料と休みの釣り合いのとれた職場を選択するのが最高でしょう。

 

看護婦はハードな仕事と言われていますが、職場においての有用性、必要性は高く、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。病院は24時間休みなく動いていますから、看護師も病院に24時間いることになり、日勤、夜勤という形で業務時間を分け、交代制を採っています。

 

 

他の交代制のお仕事と同様、睡眠時間をうまく調整できない場合は睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。職場を移りたい、と考える看護師は意外なほど多いようです。

 

 

 

看護師の需要は高く、引く手あまたといっても良いほどであり、ですから、求人だってもちろん多いです。

 

 

 

例えば今現在、勤め先で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、看護師が転職を希望するようになったわけは多様です。そして、今より良い環境を求めて転職したいのでしたら、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、そこでどういった噂がたっているか、評判はどうなのか、なども確認できると良いです。

 

医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。

 

 

 

日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。
そして、病棟勤務とは違って、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。

 

勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、人気の医師のところなどでは、多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。

 

 

 

外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。
患者という立場から見ると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。

 

 

 

覚える必要のあるいくつもの作業やチェックを繰り返し、優しい言動とは裏腹に、ひどく緊張しストレスを感じている場合もあります。

 

なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も今では珍しくありません。
責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やこれといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。