マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/
















ナースフル看護師転職

昔読んだ本の影響で、看護師になりたいと思っていました。

 

しかし、家の都合によって結局OLになりました。
ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという事も出来ますが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、現場で看護助手として働くと同時に資格を取ることが出来る事を知りました。

 

子供のころからの夢を叶えるために、頑張りたいと思います。

 

一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと昇進し、階級が上がることがあります。具体的には、婦長と聞けば誰でも知っている役職ですが、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。
いまは、学生やパートの看護師が珍しくありませんので、資格を持った正看護師という地位もそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。かなりのハードワークとして認識されている仕事ではありますが、忙しさのあまりに看護師の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。

 

 

 

けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、強いストレスを感じることはよくあります。
さて、看護師として長く働き続けると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関しても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。

 

交代制で働く看護師の、勤務終了前の大事な仕事として、申し送りというものが必要になります。

 

担当している患者さんの変化や状態、その他の情報や、追加されたり改められたりした諸々の伝達事項を直接、顔を合わせて報告するというものです。大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話すことが大事です。
業務に就いている人間が少なくなる時間を極力作らないように、手早く済ませる技量も求められます。

 

 

看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。

 

どんな時やりがいを感じるかですが、元気になって退院していった患者さんが、後々わざわざ病院まで、あいさつにきてくれた時かもしれません。そしてまた、患者さんのご家族に何度も繰り返しお礼を言ってもらえるような時、大変に感動したりします。

 

世間で言われているように、看護師の仕事はかなり辛いものです。

 

 

 

ですから、仕事からやりがいを得られない場合は、退職したいと考えるだろうと思います。

 

 

 

街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。

 

 

職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いというものが少なくて、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。

 

看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。

 

 

ただし、もし、恋人同士になれたとしても、休日が合わないために破局をむかえることが多いと言われています。

 

 

国民の四分の一ほどが高齢者、それほどに高齢者人口が増えたこともあって、近年においては一段と治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。ですから当然、医療機関で働く看護師も大勢が働いているべきなのに、現在、医療機関はどこでも人手不足のようです。
しかし、人材が不足している、ということはつまり、求人募集がとても多いということでもあり、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという助かる点もあります。

 

 

 

医療のスペシャリストである看護師が必要な施設というのは、確かに病院が多いですが、他にもあります。グループホームと呼ばれる、介護施設の一形態においても看護師の働けるところは十分にあります。
グループホームで介護サービスを受けている方というのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、特別な配慮が必要となってきます。介護の分野に関心があるという看護師は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも前向きに考えていいのではないでしょうか。
笑顔で辛い人を優しく支えるという点から、看護師の女性と結婚したいという男性は多いと思うのですが、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。

 

 

看護師がどのくらいの年齢で結婚しているのかを調べてみますと、早婚と晩婚が極端に分かれていると指摘できるのです。

 

結婚が遅い人に共通していることは、仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、出世を第一にすることで結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。今日のところ、日本ではEPA(経済連携協定)という経済関係を強化するための取り決めに基づいて、インドネシアやフィリピン、ベトナムからの来日した人々を外国人看護師候補生として受け入れるということを行っているのです。けれども、日本語で出題される看護師の国家試験に3年間のうちに合格し、晴れて看護師、とならなかった場合には自分の国に帰らなければなりません。

 

就労中に日本語を学び、また、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、非常に厳しい条件を強いられているというのが今の状況でしょう。検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。
一般的に、注射が好きな人は稀でしょうが、もし注射されるのならば、痛みが少ないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。とは言うものの、看護師の技術によっては看護師によって上手い下手があるのは当然で、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。

 

 

 

上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。

 

看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのプラス面とマイナス面について理解しておきましょう。
手術を目前に控えているような患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、とても勉強になります。

 

残念なことは、担当患者が短いスパンで変わっていくため、腰を落ち着けてそれぞれの患者の経過を診ていくことが出来ないという点です。

 

普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。

 

 

あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。会社によって給料が変わるもので、看護師も同様でしょう。

 

総合病院と町医者とでは収入は違ったものになるでしょう。
ですので、一口に看護師といっても、平均年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。

 

 

 

土日祝日、関係なしに、交代勤務をこなしている看護師は多いですが、やりようによっては、土日に休むことも可能です。病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、土日を休みにできるでしょう。

 

何か急な事態によって呼び出されたり、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。

 

 

また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。

 

看護士も看護師も、読みは二つとも一緒ですがそれぞれ漢字表記にすると、この二つになります。昔は看護士と書くと男性を、女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。
それが、2001年に法律が改正され、男性を指す時も、また女性を指す時も使用可能な「看護師」としてまとめられることになったわけです。
近年、相次ぐ病院の統廃合によって看護師の不足が浮き彫りとなっています。
日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も行い、看護師の大半は大変な激務の状態にあるということです。

 

 

男性看護師も増えてきてはいますが、まだまだ女性の割合の方が多い仕事ですから、ストレスが蓄積されたり、自分のタイミングでトイレにいけないため、便秘を患っている看護師も多くいるということは深刻な現状を表しているといえます。昔の看護師といえば、女性が担うものというイメージがありました。

 

しかし最近の傾向は、看護師という名前も定着して、男性が働くことも多くなってきました。
実際の現場に必要になる看護師としての能力を考えるならば、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。

 

本来女性が持っているような優しさだけでなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も看護師にとって大事なポイントになっています。

 

 

 

学校を卒業したばかりの新人ですとか、違う病院から転職によって働き始めた看護師に、現在の職場での経験が足りないという名目で、病院によりますが、残業代が未払いになることがあります。ただ働きで残業をさせるのは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労働基準法に反した行為です。
就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。

 

 

 

皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。「看護師」と言えば特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、他の仕事と同様に、雇用者から労働者の権利を守る団体が存在しないとちゃんとした雇用条件で働けず、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。

 

職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、雇う側の立場の人間が、考慮することが最も大切です。一般的に見て、看護師の給料というものは良いですが、実は夜勤手当があることによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。ですから「いいお給料で看護師をしたい」というのならば日勤しかない職場に勤務するよりも夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。夜勤帯に働くかどうかでかなり手取りが左右されます。