看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































ナース転職サイト比較研究所

看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、病院外の看護師の仕事場として実のところ、保育園が挙げられます。

 

 

こうした保育園を職場にするとなると、子どもが好きであったり育児の経験がある看護師は、ぴったりの職場でしょう。
保育園での具体的な仕事の内容は、病院とは異なり子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする大切な仕事です。
交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になりますが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。

 

 

 

交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、土日が休日になるでしょう。

 

変則的な出勤があったり、土日の休日診療に当番として出ることはありますが、それでも、土日はかなり休める印象です。

 

 

また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、多くの場合は土曜、日曜、祝日は、お休みです。看護師は比較的高給のイメージがあります。

 

 

場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、ハードな職業ですが、給料で見れば安定して高給だということが看護師の特徴だと言えるでしょう。景気や経済に影響されにくい職業だということもアドバンテージになっています。高給が約束された安定した業種としては看護師を選ばない理由はないでしょう。

 

 

近頃は、看護師は足りていないと言えます。

 

 

 

看護師の資格を持っている人の中には、今は、看護の仕事についていないという人も多数います。では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、最終的には、看護師の離職率というものが、はるかに高いということに起因していると言えます。

 

 

それでは離職率がどれくらいなのかといいますと、常勤看護師の場合、およそ11パーセントもあります。

 

 

女性の方が多数を占めている職場ですから、出産や育児に専念するために退職、ということもままありますが、それのみならず、キツイ仕事環境も離職する人が増える原因になっているのです。

 

多くの方々と出会うことが出来る街コンですが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。

 

職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性と出会う機会が少なく、結婚相手を見つける目的などのある看護師が、街コンに参戦しています。

 

街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。とは言え、たとえ素敵な出会いがあったとしても、その後、お互いの休みが合わなかったりと結果として、破局、ということもままあるようです。

 

 

 

免許が必要な専門職である看護師は求人が途切れるようなことはありません。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。

 

 

しかも、丹念に当たってみるなら、自分にとって、かなり条件が合う職場にであうことも可能でしょう。幸い、ネット上を少し見てみると看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもかなりの数があるのです。

 

なので、上手にそういうものも使って条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。病気で苦しむ患者にすぐに対応できるように、看護師は夜勤が必須の職業です。夜勤といっても、どのような時間帯になるのか気になりますよね。それは、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。
主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。
3交代勤務での夜勤となると、夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。応募する病院が2交代勤務なのか、3交替勤務なのか、前もって知っておいた方が良いでしょう。

 

 

 

大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。第一に、仕事の内容そのものの難度が高く、労働としてもきつい部類です。
それから、勤務時間の問題もあります。

 

24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。

 

 

 

大変だと知りつつ、看護師という職業を目指そうとする人が大勢いるというのは、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに大きな満足感も得られる仕事なのです。看護師として患者から信頼してもらうためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておく事が必須になります。

 

 

メイクが必要な女性では、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのがおススメです。ノーメイクとも違いますから、きちんとした雰囲気になるので、周りに与える印象が良くなるでしょう。

 

看護師になるための手段として、広く知られているとは思いますが、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。

 

 

 

授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。

 

その一方で、専門学校の利点は何でしょうか。それは、学費が大学に比べて安いということと実習に多くの時間を割き、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。

 

医療従事者という意味では、看護師には愛煙家が少ない気がしますが、やはり国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。

 

病院で勤める以上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように意識している看護師が多い職業であるということが分かるのではないでしょうか。

 

 

 

「看護師」という書き方と、「看護士」という書き方があります。
双方とも「かんごし」と読み、同じ読みです。

 

それぞれ漢字表記にすると、どちらかで書き表されます。

 

昔は看護士というと男性のことで女性を表すのは看護婦という風にはっきりと分けられていたのです。
2001年の法律改正を機に、男女分け隔てなく使用できる看護師という呼び方に一元化しました。看護師をするきっかけとして欠かせないものにお給料を多くもらえるということがあると思います。

 

 

 

初任給で考えても、大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。しかし、そうやって高いお金をもらって働くということは、その分、研鑽に励み、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。

 

 

 

病院は清潔感が大切ですが、そこで働く看護師も、病気の患者と接しなければいけないので、不潔な印象にならないよう、髪形にも気を配っておきましょう。看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大切です。

 

職場の環境によっては、看護師の髪形に対するルールが違うことを覚えておきましょう。一般的に、看護師の休みは、本人が働いている医療機関で異なっていますから、一概には言えません。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトに沿っての仕事になりますから、出勤や休日がカレンダー通りではないことも珍しくありません。

 

 

一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、そういう意味では働きやすいと言えますね。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで子持ちの看護師からすると大きな不安要素となり得ます。子供が小学校に入るまでならば24時間保育を実施している保育所を利用したり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、現実問題として、就学してしまうと預け先が極端に減るということがあります。

 

 

 

そのため、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も多数存在するようです。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが絶対条件です。そもそも、卒業が受験資格になっているのです。

 

 

 

しかし、そもそも看護の専門学校に入学するにも苦労があります。

 

定員が少なく倍率が高いため、看護学校受験のための予備校があるほど、難関なのです。

 

 

 

准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、看護学校が行っている通信教育課程がいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。看護師の仕事をしていく中で当然のようにやめたいと思うことも何度もあるでしょう。

 

 仕事そのものの失敗のみならず心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。

 

 

 

ですが、それだけではなく、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいという風に思う日も多いです。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、さまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。

 

 

今日のところ、日本では経済連携を強化するために締結されたEPA(経済連携協定)に基づいて、東南アジアのインドネシアやフィリピン、ベトナムから来る外国人看護師候補生という方々を受け入れています。とは言え、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には帰国する必要があります。就労と日本語の勉強と看護師資格取得のための試験対策も行わなければならないので、かなり過酷な条件であると言えるでしょう。患者という立場から見ると頼りになる看護師の存在は気持ちを前向きにしてくれるものですが、実際の勤務状況は過酷で辛いものも多く、たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業など、命にかかわる仕事をいくつもこなす必要があるため、実は常に緊張状態という事もあるのです。このような仕事のストレスで、こころの病に侵される看護師も少なくないそうです。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、これといったストレス発散方法が無いという場合は、特に注意が必要になります。