看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































ベスト公式看護師転職

看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、多くの病院では、申し送りを行っています。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護師が把握しておくべきことについての諸々を次に勤務を始める看護師に口頭で説明を行います。
患者さんに関する重要な情報ですから、相手に間違いなく伝わり、わかってもらえるよう丁寧に報告しなければなりません。
あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも重要な点になるでしょう。
労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、平均年収という点では確実に、看護師の方が上回るといいます。慢性的に人手が不足している医療分野では需要はいつでもある訳ですから、あまり景気などの社会的要因に、収入が影響を受けないという大きなメリットがあるといえます。

 

ですが、良いことばかり期待できる訳でもなく、当たり前のように、長時間のサービス残業に従事させられることもよくあり、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。

 

 

 

看護師になろうと思ったきっかけは職業体験というものが中学の時にあって体験先の介護施設の看護師の方に感銘を受けたのが事の始まりでした。将来的にはこういった職業で働いていきたいというように思い続けて看護学校へ進み、晴れて看護師になりました。大変なこともあるのですが、看護師になってよかったです。
社会に出たばかりの新卒看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、残業したことによって支払われるべき給金がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。

 

 

 

残業代の未払いは、雇用された人の経験やスキルは関係なく労基法違反であり、犯罪です。
行なった残業は、労働には違いありません。

 

 

なので、せっかく働いたのならその時間分、対価をもらう権利があります。

 

 

 

普通、注射や採血は看護師が行うものです。
好んで注射や採血をしてもらうような人は少ないと思いますが、注射されるなら痛くないよう、上手に打ってくれる看護師にしてもらいたいのが人情でしょう。ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、上手な人もいれば、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。

 

こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。
働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、職場における対人関係や交代制による不規則な勤務形態があります。

 

看護師には女性も多いので、モラハラや職場いじめがあったりと、ドロドロした人間関係がつくられているような職場も少なくありません。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。
問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、もっと環境の良い職場で働くのもひとつの選択として、覚えておきましょう。看護師という仕事をしているのは女性がかなりの割合を占めている職業なので結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、その結果、離職率が高い割合を示しています。

 

加えて、勤務する時間が不規則だったり、キツい仕事だということも原因となり、離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。もし一人で子供を育てることになっても心配ないくらい収入があるというのも離婚してしまう人が増える一つの原因になっているかもしれません。

 

転職活動の場面においては、ご多分に漏れず看護師の場合も履歴書が必須となりますが、気を付けるべきことが存在します。
その注意点とは、履歴書の項目の中でも特に大事な志望動機をいかに書くかです。志望した動機について、雇用の条件や労働環境の良さについて挙げるのではなく、研鑽に励みたいという理由や「それまで身に着けたことを生かして働けそうだから」といった理由のように、やる気に満ちたような内容がいいと思います。高い給料をもらっている看護師でも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。

 

 

一般的なほかの職業とは違って、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといった単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。ただ、本業の医療機関において看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。

 

免許が必要な専門職である看護師は、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。結婚や引っ越しといったような個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ肝心の転職自体、できない恐れがあります。

 

なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大病院で最先端の治療に接したい、というように志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、これを行なう病院がかなり増えました。

 

 

 

ちゃんと個人個人の能力について測定し、評価をつけられるよう、きちんとした評価基準を作っているところも多いです。

 

能力評価は、月々に行なう所や、一年に一度だけということもあります。
こうして定期的にどう評価されているか知ると、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。
また、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。

 

 

業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん看護師の世界にも存在します。

 

例えば、「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。この言葉の意味は、食事休憩をとります、というものであり、仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち普段から使用されているようです。
ところで、エッセンという言葉ですがこれは、そのまま「食べる」という意味のドイツ語なのです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、そんな習慣が業界用語として残っているのです。ともあれよく使われ、親しまれている用語です。

 

 

 

少々昔の話ですが、看護師などというのは大変に苦労の多い仕事である、と言う風にイメージされていたようなのですが、ここ数年、仕事内容に相当する高額の給金を獲得できる専門職であることが、よく知られるようになっております。
看護師の手にする給料というのは、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯の維持が可能なほどなのです。

 

つまり看護師というのは給料の高い専門職だということです。今、私は病院事務の仕事をしています。

 

看護師さんとは正直、仕事中にはあまりかかわりがないのですがいつでも皆さん忙しくされています。夜勤でも働いている方は、家庭、特に育児もこなすことは並大抵のことではないだろうなと感じます。

 

ですが、予想よりも柔軟に対応しているんだなと感じたのは忘年会の時のことでした。

 

子供を連れてきている看護師さんが結構たくさんいたんですよ。
先生方も喜んで迎えられていてアットホームな雰囲気でした。医療に関わる職種の中でも看護師という職業は特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、他の仕事と同様に、労働者の権利を訴えるような組織がなければちゃんとした雇用条件で働けず、ひいては患者にとっても良くないといったケースも生じ得ます。

 

看護師というものはストライキをすることも難しく、雇用する側が、適切に配慮することが重要であるということに疑いの余地はありません。

 

 

 

看護師といったら、昔はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。しかし今日では看護師という名前も定着して、男女共に働く職業となってきました。

 

実際に看護師に必要な適性を考慮しても、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。
母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も看護師にとって大事なポイントになっています。もはや日本は超高齢化社会です。

 

 

 

病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。

 

その労働環境は厳しく、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、過労死してしまった看護師もいたのです。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、そして、そういったところでも高齢者増加の影響は大きく、現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、高齢化社会のつけを看護師が一身に引き受けるような形にもなっています。知人が看護師として働いていたのですが、大病を患ってしまって退職したそうです。でも、体調が良くなったら、すぐに現場に戻り、医療施設で看護師として今も元気に働いています。多少のブランクでも、有利な資格があれば早々に復帰できますね。

 

再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。

 

 

一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、同じことが看護師にも言えます。町医者と総合病院とでは、どうしても貰える給与に違いがあるのです。こういった事を考えても、看護師だからといって平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。

 

 

 

以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。そんな風に、出戻ってこれるのかどうかはどういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。
例を挙げるなら、結婚や転居、あるいは出産、育児のために辞めた、というような事情なら、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。

 

 

 

実際に、こうして働いている看護師は多いです。

 

 

子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻ってきて、働く人も増加中です。