看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































働きやすい病院ランキング

看護師が働ける場所というのは確かに病院が多いですが、他にもあります。それはどこかというと、介護施設です。

 

そのうちのグループホームでも看護師の働けるところは十分にあります。こういったグループホームに入所している方は、基本的に認知症の方ばかりなので、特別な配慮が必要となってきます。
介護の分野に関心があるという看護師は、一つの選択肢として、グループホームで働くというのも視野に入れてみてください。新卒、もしくは、既卒の方が看護師の働き口を探してみても決まらず困っている話を聞きますが、年齢が原因になっている可能性があります。
実際の求人には年齢についての制限を記載している求人はほとんどありませんが、病院が裏で採用に関する制限を決めている場合があります。

 

具体的に言うと、30代以上で初めて看護師としての職場を探すのは、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。友人は看護師として病院に勤めていたのですが、大病を患ってしまっていったん退職しました。ですが、身体の調子が治ったら、早めに復職して医療施設で看護師として今も元気に働いています。
数か月間、仕事から離れていても、資格を取得しておけば比較的復帰が楽になりますよね。

 

 

 

私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。
普通、注射や採血は看護師が行うものです。

 

 

 

好んで注射や採血をしてもらうような人は少数派でしょうが、注射されるならベテラン看護師に打ってもらいたいと思うのが普通です。

 

とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、上手に刺してくれる人もいれば、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。この辺りは運としか言いようがありませんね。

 

 

 

もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死に至った看護師もいました。では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、病院を離れると、訪問介護などの仕事が多くなることもあり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師にかかる心身の負担は大きいです。人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。まず履歴書を、転職を希望する医療機関に提出して書類選考を受け、これに合格した後、多くの場合は面接という形になるでしょう。
その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をすることになります。

 

 

しかし、実はそういう技術や経験についての話と同じくらい、性格的な部分や、職場にスムーズに適応できそうか、という面もしっかり観察されることになるはずです。

 

 

看護師としての能力に加えて、人としての良い部分も知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。一般的に見るとキツイと考えられがちな看護師の仕事。

 

 

 

労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院であるとか、クリニックであるとかいう場合を除いては、ほぼないと思ってよいでしょう。

 

 

 

具体例として、二交代制の病院勤務について言うと、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、合計して16時間勤務となることもあるのです。

 

こういった長時間勤務の実態も看護師という仕事が過酷であると考えられる理由だと言えるでしょう。
こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。働く看護師が不足している病院などいくらでもあって、そういう訳ですから、求人数は安定して多めです。例えば今現在、勤め先でどう考えても給料が労働に見合わなかったり、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、そこの評判や噂なども知ることばできれば、なお良いでしょう。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。

 

 

正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。具体的な金額としてはこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのが普通のようです。パートの仕事の割にはかなり高額だと思える人もいるでしょうけれど、人の命に関わる責任の重さや日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、金額的に少々不満です。近年、相次ぐ病院の統廃合によって看護師の不足が浮き彫りとなっています。
夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も必要で、多くの看護師が激務をこなしているのが実情です。
男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、いまだに女性の方が多い職場なので、精神的に疲れてしまったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも納得できる話でしょう。例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、勿論逃げ出したくなることも少なからずあることと思います。重要な仕事で失敗してしまったり心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。ですが、それだけではなく、やりがいがあると実感することも多々あるのです。

 

 

 

先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりといろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は緊張の糸を切らすことがなかなかできず、こうした生活が続くと常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。

 

 

 

つまりこの仕事は、体力的につらい面に加えて、精神的なきつさも感じることになります。そんなストレスをなんとかできるよう工夫する方法を持っているということは大きな利点であり、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら重要なキーポイントになり得ます。

 

以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。

 

 

 

ただ、それ程スムーズに、職場復帰が可能かどうかについては、どういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。

 

 

例として、結婚や引っ越しで辞職したり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。こういった事例は増加しています。

 

 

 

それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。
看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。

 

普通やることもたくさんあるのですが決められた労働時間以外の業務もあったりして時間通りに帰れないということはよくあるのです。しかし、たとえ忙しくて疲れていても、いつだって常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。さっきまで愚痴っていた人が打って変わって笑顔になるのです。考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。

 

 

色々な働き方ができる看護師なのですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。

 

看護師といえば病院で働くもの、というイメージがありますが他でも、多くの場所で、看護師資格を持つ人材は求められています。

 

例を挙げると、介護施設、保育園、大きな企業内などです。
こういった所で看護師として働く人は実際とても多いのです。

 

 

 

どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなく看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。

 

 

自身の生活が変わっていくのに合わせてその時々で最も条件に見合った所に転職していくことができます。
女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。
ところでこの国家試験ですが、合格率はほぼ9割といったところであり、まじめに勉強していた学生にしてみると、特に恐れるようなものではないようです。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関は看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学や学部の人気が高まっているようです。未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。男性から人気が高い看護師が、未婚率が高い理由はどこにあるのでしょうか。調べてみると、看護師をしている女性の結婚年齢については両極端だという事が分かりました。晩婚になる理由を挙げるとすれば、日常の仕事に忙殺されて私生活の充実が疎かになっていたり、職場での地位向上やキャリアアップを第一に考える事で結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。

 

 

 

病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、一般企業においては課長の役職相応でしょう。課長職といっても年収もそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。

 

 

 

そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは750万円位だと言われているようです。

 

 

基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。
けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分の心身の健康についても今の状態を把握しやすくなるようです。
看護師の職業は、別名「白衣の天使」ということからも大体の場合には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。

 

ただ、看護師の現状はというと、収入としては決して少なくはありませんが、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。

 

 

たしかにいい点もたくさんありますが、それだけではなく、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。