看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































働きやすい病院東京

一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接する場合が多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮することをおススメします。

 

 

いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、清潔感を重視した髪形を選ぶことがポイントです。勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると忘れないでください。

 

 

それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとして欠かせないものに収入が高いという点があります。
例えば、一年目の給料で見てみても同じくらいの歳の新入社員よりも多くもらえていることがわかると思います。

 

 

 

そうはいっても、給料を多くもらうということは、自分の腕を磨いて、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。

 

色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、結局のところ、ブランクがあったとしても心配はいらず、また看護師に戻れるという点です。

 

なぜそのようなことが可能かというと、看護師の職業が専門職であるからという理由と人が足りていないことが根拠として挙げられます。
どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は条件に合えば50代だったとしても、復職が可能です。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。

 

とはいえ、戻ってこられるかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。

 

 

 

多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。

 

 

こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。

 

 

 

様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として復職を果たす、という人も増えてきています。
同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。
正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、もしパートなら、給料の支払いは時給計算になるでしょう。具体的な金額としては日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでが普通のようです。

 

パートとしては良い時給なのかもしれません。しかし、医療機関で働く専門職ですし、常にハードワークとなる、ということを考え合わせてみると、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。

 

 

みなさんご存知のように、看護師の休日については勤めている現場で違うのです。とりわけ3交代制が敷かれた職場ですと、シフトのスケジュールに沿って勤務しますから、土日祝日は出勤で平日が休みになったりするようなことも当たり前にあります。一見、デメリットが多そうに感じるかもしれませんが、休日を好きに設定できるというメリットがあるので、そういう意味では働きやすいと言えますね。医師、そして、看護師。この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。明らかな違いといえば、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防のためのアドバイス、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。

 

対する看護師の仕事は、医師の指導の下、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんのケアをするということが中心です。よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、肉体的にも精神的にも、辛さを感じることはあるでしょう。

 

二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちに生活が不規則になってしまい、そのために身体の調子を崩した、という話もよく聞きます。
ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないとどうしようもなく疲労を溜めてしまい、慢性的な頭痛や腰痛などが発症し、ようやく「少し無理をしているのかも」などと感じる事になってしまうでしょう。看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。
あれは晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。

 

 

 

看護師にとってあの帽子は、料理人にとっての帽子より深い意味を持つものなのではないでしょうか。
けれども、近頃では看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。

 

単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも残念だと思いますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。

 

 

一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは休日や出勤日が不規則な事だと思います。

 

平日が休みになってしまっては、友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるというケースが多いようです。他にも、そもそも人手が足りずに労働時間が長く、休みが少ないという問題もあります。
こうした状態を変えたいのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、転職を考えるのが良いでしょう。

 

あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。
それは勤務先を国公立の病院にすることです。
もともと、看護師という職業が長期にわたって務められる職種の一つであるとして高い人気がありますが、加えて公務員に準じたメリットがつけば一層安定した職業になることは確実です。

 

安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は最大のメリットだと言えるでしょう。

 

 

看護師は大変な仕事というイメージがすっかり定着していますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。

 

とはいえ、夜勤に出る必要もあって、生活が不規則になりがちで、疲れが取れなかったり、寝不足になったり、知らずにストレスを溜めていた、ということはしょっちゅうです。

 

なお、看護師という職についていると、医療の現場で治療に関わったりし続けていることで、その方面の知識が増え、他人の状態、容態について医師の判断を予測できたり、自分の心身の健康についてもわかるようになったりするようです。

 

私の仕事は病院事務です。

 

普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、毎日お忙しそうにしていますね。

 

 

仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。

 

だけど私の想像以上に上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、子供を連れてきている看護師さんが結構目立つんです。先生方も歓迎ムードで、穏やかな雰囲気でよかったです。

 

総じて大変だと思われる看護師ですが、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤勤務の必要のない、個人医院やクリニックのような場所以外では難しいと思われます。例えば二交代制の病院勤務だと、途中で休憩を挟みはしますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。労働時間が長いということも看護師が大変だと思われる一因だと思います。働く場所がたくさんある専門職、それが看護師ですが、実際に常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。

 

 

その為、再就職などもかなりスムーズにいくことが考えられますし、丁寧に探してみれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。

 

 

 

幸い、ネット上を少し見てみると看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどがかなりの数があるのです。
なので、活用しつつ、自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。

 

 

 

看護師の仕事をしていく中でもちろん辞めたくなることも少なからずあることと思います。仕事自体で間違ってしまうことや患者さんに厳しいことを言われたりすることだってあります。しかしながら、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいという風に思う日も多いです。
先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。

 

 

看護師長の役割とは、各病棟を取りまとめる以外に上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、会社組織でいうと、課長職に相当するものです。
課長職につく人物の収入が勤める企業の規模で全く違ってくるように、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。
そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。

 

 

ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、おおよそ750万円前後だとみられます。初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、どこに配属されるかは大変気になりますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるところもある一方、人員配置を担当する人の考え方一つで決められてしまうこともあるでしょう。望んでいない配属になったとしても、その場所でその人が必要だという病院側の判断により、そこに配属になる事が多いのです。

 

でももし、その配置に不満がやまないのなら新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。

 

 

 

一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますから「ローンを組みたい」という時でもどちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。

 

 

 

けれども、非常勤勤務である場合等、非正規雇用の場合の看護師だと必ずしもそうであるとは言えません。

 

簡単にローンを組めるのは派遣などではなく、正社員として勤めている看護師のように、安定している場合なので、たとえ看護師でも、非常勤で働いている方の場合は簡単にはローンが組めないということが起こり得ます。

 

他の仕事と違い、看護師が職場で勤務する時間というのは、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。

 

シフトの具合によっては仕方がないとしても、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながら無理のない働き方が可能である、と思えるようです。
どうしても子育て中だと、いきなりの退勤などが多くなります。しかし、なんとか対応していける主な理由は、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。