看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































大学保健室看護師募集

病院の統廃合続きにより、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患にも応じなければならないので、たくさんの看護師が激務をこなしているのが実情です。

 

男性が看護師として働くケースも珍しくなくなりつつあるとはいえ、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、精神的に疲れてしまったり、トイレに自由に行けず便秘になってしまう看護師も多いというのも頷けます。
一般的に、同じ病院で長く勤めて実績を積んでいくと出世していきます。階級として、婦長などは比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、これ以外にも、階級ごとに主任や総看護師長といった役職があります。
昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も珍しくなくなってきましたから、正看護師も役職的には上の立場に立っているという訳です。
当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。

 

働く看護師にとって頭が痛い問題といえば、職場における対人関係や勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。
看護師の中には女性が多く、派閥やいじめなど、ドロドロな人間関係が構築されていることも多いのです。
夜勤が多い勤務形態もストレスになるでしょう。
転職し、もっと環境の良い職場で働くのも選択肢に入れておきましょう。

 

 

 

今、私は病院事務の仕事をしています。日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですが毎日お忙しそうにしていますね。
仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。
ですが、予想よりも臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に子供を連れてきている看護師さんが相当いるんですよ。参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。

 

 

医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。

 

 

 

明らかな違いといえば、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防のためのアドバイス、薬を処方することが仕事とされています。
他方、看護師の場合は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療面で医師の補助をしたり、患者の看護を行います。一般的に、看護師として勤務する人は多くが女性ですので人生の中の、結婚や出産といった出来事をきっかけに退職する人も多くて離職率が高めの仕事であると言えます。

 

それから、勤務時間がばらばらであることや、厳しい労働環境であることなどが影響して離婚してしまう人も多いと言われています。
収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚へつながる一因とも考えられます。

 

看護師になるための手段として、一般的に看護大学または看護専門学校という、二つの機関があります。
授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。

 

 

 

対する専門学校はどこがいいかというと、学費がより安く実習が多いので、すぐに戦力として使える人材になれることだと思います。思い返してみると、私が看護師になりたいと思ったのは中学での職業体験でのことでした。介護施設を訪問し、そこでの看護師さんの働きぶりを見て衝撃を受けたからです。

 

将来的にはこんな風に働きたいと感じたのが始まりでそこから看護学校へ進み、看護師になることが出来ました。いやなこともありますが、おおむね満足した日々を過ごしています。

 

 

看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。
あれは看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。

 

 

 

ですが、ここ最近においては看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。
単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうこともなんだか残念だなという思いがぬぐいきれないのですが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。

 

 

 

高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。

 

看護師の資格を持っていれば、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。
ただ、本業の医療機関において副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。
そして、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。たくさんの人と出会える街コンですが街コンへの参加を決める看護師というのは、実は少なからずいるのです。
女性の多い職場であるためなかなか男性と関わる機会がなく、新しい出会いを求めて、看護師がエントリーするのです。街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。
ですが、もしも新しい出会いがあっても休日が合わないために結果として、破局、ということもままあるようです。看護師は他人の健康や時には生命に関わる仕事であり、常に神経を使うことになりますし、そのために大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。要するに、身体的に大変な仕事、というのはもちろんのこと、精神的なきつさも感じることになります。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を知っているかどうかということは、この仕事を続けていくのであればかなり重視するべき点ではないでしょうか。
一昔も二昔も前の話になりますが、看護師はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると人々に捉えられていたようです。

 

でも、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られるスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯の維持が可能なほどなのです。

 

 

 

そう、つまり看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。
気になる看護師資格の難易度ですが、どれ程のものなのでしょう。

 

 

調べてみると、看護師国家試験の合格率は90%前後となっています。試験内容自体が、今までの授業でしっかりと勉強していれば難なく合格できるものですから、これといって取得が難関な資格という訳でもないようです。24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、一般的に「シフト勤務」になる業種のもののひとつに、看護師の仕事がありますよね。

 

勤務先が外来病棟であれば、勤務時間が決まった日勤になる事もありますが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、経験を積む上でもほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。

 

 

 

妻の話ですが、看護師としてシフトを組んで仕事をしていましたから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって大変でした。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。

 

 

簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、土日が休日になるでしょう。何か急な事態によって呼び出されたり、たまに休日診療の当番に回ることもあるにはありますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。
そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、多くの場合は土日は休めるようになっているでしょう。よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。

 

 

 

勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのもすべて看護師の仕事となっております。いきなり緊急手術が行われたり、スタッフの数が少ない夜間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、めまぐるしく次々と仕事が飛び込んできたりもします。

 

 

 

友人は看護師として病院に勤めていたのですが、病気のために一度看護師を辞めています。
ですが、病気が完治すると現場に復帰して、病院で看護師としての仕事を続けているのです。空白期間が出来ても、有利な資格があれば復帰も早いと思います。

 

 

やはり資格が大切なことが改めて分かりました。もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。

 

CTや放射線治療、エックス線撮影など、被曝の危険は病院には多いですから、細心の注意を払ってほしいところです。それから、薬についてですが病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、注意するべきでしょう。

 

 

 

また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。

 

 

 

それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。

 

 

 

そもそも看護師といえば専門職であり、活かせる技能は多岐に渡ります。

 

そして、求人が途切れるようなことはありません。

 

ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、丁寧に探してみれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。

 

ネット環境があれば、簡単にアクセスできる求人サイト、それも看護師専門のものがたくさんありますから、そういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして自分にぴったりの仕事先を見つけることができるといいですね。