マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/
















好評ベスト看護師求人募集

一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と関わることが多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮することをおススメします。

 

 

 

看護師として、自分が患者ならどう思うのかを考えつつ、清潔感を重視した髪形を選ぶことが良いでしょう。病院の雰囲気や方針次第で、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておきましょう。

 

なぜ看護師をやるのかといわれたときに、よくいわれる動機の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。

 

 

働き始めて最初の給料を鑑みても、同じくらいの歳の新入社員よりも多くもらえていることがわかると思います。しかしながら、このようにして高収入を得ているのですから、それだけよく勉強して患者さんに貢献していかなければなりません。収入面において、看護師という仕事は、主に女性が担う一般の職に比べ、けっこう良い給料をもらうことができます。

 

 

 

医療現場という、人命のかかった職場であり、多めの残業や夜勤への手当などがちゃんと出してもらえる、というのは高給の理由としては大きいでしょう。

 

夜勤を通常より多く入れている人ですとか残業を厭わずに長時間こなすというような看護師ですと、給料はもちろん、そうでない人たちより高めになります。

 

比較的、高い給料をもらえる看護師ではありますが、個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。

 

退職時につく手当、退職金はどうかというと、地方公共団体などにより開設された公立病院、または国立病院であるなら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。
ところが、個人病院の方では、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。公立病院なら、決まりに沿った額の退職金をもらうことができますが、他はそうとは限らないということが言えます。国外で助けを求めている人に、医療従事者として手助けしたいと考えている看護師の方もいると思います。海外からも日本の医療を求める声が大きくなっていますから、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。
当然ですが、海外では意思疎通をはかるためにも、医学的な英会話ができる事が最低条件になります。

 

本気で看護師として海外で働くことを夢見るのならば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。

 

 

よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。なので、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。二交代制、三交代制で避けては通れない夜勤も続けるうちにたいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。

 

 

 

ハードな仕事であるのは確かですから、要領よく休みをとらないと疲れは身体から抜けることなく、ついには身体が、頭痛や腰痛という形でSOSを発するようになって、つくづく、身体に負担がかかっていることを自覚したりします。主な看護師長の仕事と言えば、各病棟をとりまとめるほかに、それぞれの看護師に指導したり、看護部長の手伝いをするなど、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。課長職につく人物の収入が勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤める病院の規模が、看護師の年収の差異に影響しています。
そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。ついでに言えば、最も高額と考えられるケースは公立病院に勤めた場合で、およそ750万円程度だとみられます。看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、看護師の中でも小さな子を持つ場合には不安材料となります。子供の就学前であれば費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、院内の託児室の利用で対応することもできるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。

 

そういう理由でやむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も相当数いると思われます。今日のところ、日本ではEPA(経済連携協定)に基づく形で、インドネシアやフィリピン、ベトナム出身の外国人看護師候補生という方々を受け入れています。

 

とは言っても、候補生は日本語で出題される看護師国家試験を受験して、3年間の滞在期間中に看護師資格の取得ができなかった場合には母国へ帰国することになります。
働きつつ、日本語の習得に励み、なおかつ、同時に、国家試験のための勉強を行う必要があり、とても大変だというのが現状です。スキルを上げて「有能な看護師になりたい」と願うのなら、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。どんなことが起こっても、問題を解決できる方法が確立されている、といったことは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、ただ、日々の仕事の積み重ねによって習熟していくしかありません。

 

 

 

ところで、更なるスキル向上を狙って別の仕事先を探す人も一定数います。様々な技能が必要になる、さらに高度な医療の現場に行って技術を吸収したいと希望する、大変に積極的な仕事の選び方です。

 

 

 

子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、家の都合によって会社勤めをしていました。

 

しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。

 

資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するという選択肢もあるのですが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、現場で看護助手として働くと同時に看護師の資格が取れる方法があると分かりました。看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。

 

 

正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。時給がどのくらいなのかというとこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのがパート看護師の時給としての相場です。

 

 

パートとしては結構良いように思えますが、専門職である人命に関わる看護師であり、心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、どうしても安く感じてしまいます。病院などで看護師という仕事に就いていると、当然のようにやめたいと思うことも何度もあるでしょう。 重要な仕事で失敗してしまったり患者さんとのコミュニケーションが上手くいかないこともあります。

 

 

しかしながら、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと思うことはいっぱいあります。
先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりといろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。看護師という職業は収入が安定しているというイメージを持たれやすいのでローンの際も、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。例外として、非常勤で勤務している看護師の方など、不安定な雇用状態の場合にはそう簡単にはいかないかもしれません。
ローンを組むことが容易なのは非常勤でなく、正職員として働いているような看護師については言えることなのですが、非正規雇用の看護師についてはローンを組むことが困難なことがあります。公務員と看護師を両立する方法は、国公立病院や公立機関で働くという方法です。
そもそも、看護師は知識や経験を積みながら長く働ける仕事だということで高い人気がありますが、公務員のメリットを生かす事も出来れば一層安定した職業になることは確実です。

 

 

 

安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点はなによりも嬉しいメリットですよね。

 

交代勤務を代表に多くの仕事がある看護師ですが、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。

 

担当の患者の状態や処置についてを理解して、しっかりと申し送りをする看護師に、言い忘れなく伝えておかなくてはいけません。

 

それほど重要でない情報も少なくないですが、病状や処置に関する情報については安易な気持ちで申し送りできないものです。

 

学校を出てすぐに勤務した病院で、めまぐるしく働いて、無理をしすぎたせいもあって辞めることになり、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、転職することを決めたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりしてこうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分で考えて結論を出し、行動しなければならないのだ、とつくづく実感したものでした。

 

 

新卒で勤め始めた新人看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、通常支払われるはずの残業代について未払いになることがあります。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、雇用された人の経験やスキルは関係なく法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。看護師資格の一番のプラス面といっても過言ではないのが、やっぱり、たとえブランクがあったとしても、また看護師に戻れるという点です。

 

 

理由として、看護師が専門職だからということと働き手が足りていない現状が大きくかかわっていると言えます。

 

「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、状況次第で50代だったとしても、復職が可能です。

 

 

 

検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。

 

注射されるのが好き、なんていうタイプは稀なタイプだと思いますが、注射の必要があるのならば、出来るだけ痛くないように注射してもらいたいですよね。

 

 

ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、痛みなく処置してくれる看護師もいれば、まだ慣れていない看護師に処置されて痛い思いをすることもよくあります。上手な人にあたるかどうかは運でしかありませんから、あまり考え過ぎない方が良いかもしれませんね。