マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/
















好評ベスト看護師求人

看護師として、毎日激務をこなしているうちに、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。楽ができる病棟はどこだろう、と考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。他と比べるとまあまあゆったりしている病棟とされるところは、残業や夜勤がないということから、皮膚科、眼科、精神科、整形外科などが挙げられます。

 

とはいっても、病院にもよりますし、どんな症状の患者さんが多くいるのかなどによっても、業務のハードさについては差があります。

 

 

 

病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。

 

 

保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。

 

忙しさの度合いについては、病院によっても違いますが、人気の医師のところなどでは、待合室に患者があふれるようなことにもなって、対応には時間がかかるでしょう。
クレームが入ることもよくあります。

 

 

身につけたいスキルについてもどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。

 

高齢者はケガや病気のリスクが高く、高齢者人口が増加していくことで、ここ数年でどんどん治療が必要な疾患や、怪我が増えているのです。

 

ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、今のところ、どこでも人手は足りていません。

 

 

でも、人手が足りていないというのなら、それは、それによって求人も多くなりますから、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。
看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。

 

どんな時やりがいを感じるかですが、回復した患者さんが退院していき、その上、後に改めて病院まであいさつにきてくれた時です。

 

 

 

そしてまた、患者さんのご家族に涙ながらにお礼を言われるような時も、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。

 

 

 

よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、きっと辞職しようと願ってしまうでしょう。

 

シフトを組んだ交代制勤務などで多くの仕事がある看護師ですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。担当の患者の状態や処置についてを理解して、きちんと交代する看護師に伝える必要があります。

 

 

 

伝言程度で終わるケースもあるとはいえ、症状に対する重要な処置の方法などに関しては間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。

 

 

 

皆さん想像がつくと思いますが、看護師は女の人が多いので、結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、結果的に離職率が高い仕事となっています。さらに、働く時間が規則的でないこととか、キツい仕事だということも原因となり、離婚に至ってしまう人の割合も高いと言います。

 

 

収入面で夫に頼らずとも子供を育てられるという点も離婚に至るハードルが下がってしまう要因ともいえるでしょう。
未婚の友人の中でも看護師をしている人が結構います。

 

 

看護師は人気が高いと思うのですが、独身の女性も多いです。
実際のところ、看護師の結婚年齢は早婚と晩婚が極端に分かれていると指摘できるのです。

 

 

挙げられる理由としては仕事の忙しさに追われて異性と出会うチャンスが無かったり、自分の出世を考えて結果的に晩婚化しているといったことが主な理由のようです。

 

 

看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。
ケースごとにきちんと対応方法がマニュアル化している、ということは、看護師という仕事柄あり得ません。なので、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。
ところで、更なるスキル向上を狙って転職を考え始める人もいるようです。

 

 

大学病院など、高度な医療を行なうところでさらに能力をアップさせたいと願う、とてもアグレッシブな転職になります。
多くの方が看護師を続ける動機として重要な理由の一つに収入が高いという点があります。
例えば、一年目の給料で見てみても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高収入といえるでしょう。

 

 

そうはいっても、このようにして高収入を得ているのですから、それだけよく勉強して患者さんに貢献していかなければなりません。何らかの病気を患って不安を抱えている患者からすると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。
ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。

 

 

たくさんの覚えなけばいけない事や繰り返しのチェックなど酷くストレスを感じていると言えるでしょう。

 

こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も多いそうです。
責任感が強く、真面目で頑張りすぎる方やストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。他の仕事と違い、看護師が職場で勤務する時間というのは、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。
それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、育児中であっても無理のない働き方が可能である、と思えるようです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、なんとか対応していける主な理由は、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。補足としてですが、勤務時間は基本的には8時間となっています。病院内での看護師長の仕事と言えば、各病棟のとりまとめのほか、上司にあたる看護部長のサポートや、部下にあたる看護師の指導などで、一般的には課長の役職に近いと言えます。
課長職といっても年収も中小企業と大企業では全く違うのと同様に、看護師の年収は、病院の規模で全く異なるのです。
そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。ちなみに、最高額の年収と思われる公立病院に勤めるケースでは、おおよそ750万円前後だと想定されます。

 

いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、必要とされる度合いがとても高いですし、意義の感じられる仕事です。

 

 

入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。
なので、業務は日勤と夜勤という形に人員を交代させながら業務につくことになります。こうした交代制の勤務では、自然な生体リズムに逆らう生活をすることになり、うまくコントロールしないと睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。同じ看護師であっても、正社員とパートでは少し差があります。正社員ですと月給制で安定した収入を得られますが、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。

 

具体的な金額としてはこれは日勤のみですが、1300円、1500円、少し良いところで1800円くらい、というのがパート看護師の時給としての相場です。単にパートの時給としてみると高い時給だと一見思えるかもしれませんが、医療機関で働く専門職ですし、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、金額的に少々不満です。離職率が高い職業として看護師が有名ですが、やはり、転職率も高いことが挙げられます。

 

 

そうした傾向を踏まえ、看護師専門の転職サイトなるものが増えつつあります。
このような転職サイトを活用すれば、時間をかけずに希望通りの求人を探すことが出来るので、現役の看護師には最適な転職サイトだと言えるでしょう。
たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを一緒に活用することをお勧めします。
こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、結果として、求人が大変多いわけです。

 

 

 

勤務している今の職場で希望の配属先につけず、辛い思いをしているとか、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、人により、転職しようと思うようになった理由はいろいろあります。

 

 

もしその理由が、現状よりも環境や待遇を好転させたいというものなら、単に給料や労働条件だけを見ないで、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。

 

 

 

どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつにエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。
食事をとってきます、と他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として使用している現場は多いようです。ところで、エッセンという言葉ですがこれは、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。

 

この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、それが今まで細々と生き残って今でも便利な言葉として、看護師の皆さんに使われています。昔の看護師といえば、女性が担うものというイメージがありました。

 

ですが、近年は一般的に「看護師」という名称が使われているように男性の看護師も多いです。

 

現場で求められる看護師の能力を考えた場合、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。女性的な優しさも大切ですが、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力も今の看護師に求められる大切な能力だと言えます。病院などで看護師という仕事に就いていると、もちろん辞めたくなることも少なからずあることと思います。

 

仕事上のミスや、患者さんとのトラブルなどもあるのです。しかしながら、嬉しいことや、この仕事でずっと働きたいと感じることも多くあります。

 

時に厳しく、時に優しい諸先輩方。
さまざまな人に助けられているから頑張れるということを実感する毎日です。

 

職業上、看護師という立場では煙草を吸う人が多くない印象がありますが、いかにもその通りで、国民の平均的な喫煙率よりも少ないことが分かっています。医療施設で働く職業上、煙草を吸って臭いが身体に残らないように自主的に禁煙している人が多いと分かるのではないでしょうか。