マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/
















好評ベスト5社看護師転職

色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、なんといっても看護師として勤務していない時間があっても、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。
理由として、看護師が専門職だからということと現場の人手不足の問題が少なからず関係しています。

 

「転職先や雇用形態にこだわっていない」という方の場合、極端に言えばすでに50代になっていても再び働くことができます。

 

我が国の法律で、看護師は医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。

 

ですが、患者さんの状態によって、急を要する場合には、経験を積んでいる看護師に限り、それなりの医療行為も認めるべきだと思っています。

 

よく知られていることですが、看護師の仕事というのはかなりハードではあります。
なので、辛いと感じることも多いでしょう。
二交代制や三交代制の勤務を続けていくと、生活が不規則になってしまい、そんな生活が、体調に響いてしまうのもよくあることです。基本的に立ち仕事でもあり、上手く身体を休めないと疲れは身体から抜けることなく、人によっては頭痛や腰痛を起こしたり、肩こりに悩まされたりして、心身への負担をしみじみと感じる事になってしまうでしょう。

 

看護師の仕事を選択する、よくいわれる動機の一つに収入が高いという点があります。

 

 

働き始めて最初の給料を鑑みても、同世代の新入社員と比較して収入が高めだといえるはずです。ただ、そんなに高いお給料ももらえるのですから、それだけよく勉強して患者さんに貢献していかなければなりません。
年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。
この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、ふつうに授業を受けていたなら、そう難度の高いものではないということです。

 

看護師を養成する学校というのはいくつか種類があるのですけれど、今日では、幅広く勉強できて、関連資格の取得もしやすい4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。

 

 

病院での勤務は、おおまかに病棟勤務と外来勤務に分かれますが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。

 

忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと大勢の人で待合室が飽和状態になるほどで、その対応にかなりの時間を取られることになるでしょう。
求められるスキルもどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。

 

特に、看護師の勤務形態と労働時間について言えることですが、結構、融通の利く部分があります。
それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。

 

なので、育児と仕事の両立を図りつつ、無理のない働き方が可能である、と思えるようです。子供が小さいうちだと特に、急な欠勤や退勤をせざるを得ないこともあるわけですが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、きっと看護師という職業特有の勤務の形によるところがあるのではないでしょうか。

 

基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。

 

常日頃、看護師とて奮闘していて、大変な目にあったりもします。

 

 

楽ができる病棟はどこだろう、と真面目に考え出すようなことだってあってもおかしくないです。他と比べるとまあまあゆったりしているとされる病棟は、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。
とはいっても、病院にもよりますし、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、仕事の内容は全く変わってきます。

 

医療のスペシャリストである看護師が必要な施設というのは、病院に限りません。
それはどこかというと、介護施設です。そのうちのグループホームでも特に看護師は重宝されているのです。

 

 

 

グループホームで介護サービスを受けている方というのは、高齢者の中でも認知症で生活に困難を抱えている方ですから、気を付けて接する必要があります。
介護関係に携わりたいという看護師の方は、職場としてグループホームを選ぶということもいいのではないでしょうか。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、勤めている科が違えば、看護師の仕事や処置もまた違います。

 

 

それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつだけの部署では学ぶことの出来ない幅広い技術を修得できるチャンスです。

 

また、視野を広げて、多くの事を学べる機会です。

 

 

 

将来を考えるキッカケになりますから、看護師としてのやる気も湧きやすいようです。

 

 

 

看護師というものは勤務する時間がイレギュラーであることにプラスしてハードな仕事内容であるということを理由に他の仕事に移る人も結構いるということですが、実は看護師の資格というものは、看護師以外の職業でも役立てられることがよくあるといいます。
考えられるのは病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。
看護師といったら、昔はほとんどが女性の職業でした。

 

 

 

ですが、ここ最近の傾向として看護師の名称が認知されていることからも分かるように、男性が働くことも珍しくありません。
現場で求められる看護師の能力を考えた場合、このように変わっていくことは当たり前な事なのかもしれません。母性を感じるような優しさはもちろんですが、それ以上に緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。
やり甲斐という観点から見てみますと、看護師の右に出る仕事はそうそう無いのかもしれません。
でも、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。

 

 

 

することは多く、責任は重く、実働時間の長さに加え、その不規則さも特筆するべきレベルですし、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そうした中では意見の相違や行き違いから、人間関係が難しくなることもあるはずです。そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、難点を補って余りある長所も多いということに他なりません。

 

すでに超高齢化社会となった日本ですが、病気のリスクを抱える高齢者の増加で、医療機関を利用する人も増え、看護師の仕事も大変になるばかりです。

 

 

その労働環境は厳しく、夜勤も含めて働き続け、無理がたたって、過労死してしまった看護師もいたのです。

 

 

たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、看護師需要は高まるばかりで、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。

 

 

このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、内実はどちらかというと、夜勤手当に依るところが大きく、その結果、総額が上がっている場合が多いです。たとえば「いいお給料で看護師をしたい」というのならば職場選びの際、日勤だけではなくできるだけ夜勤帯のナースとしても活躍できるところにするといいですね。

 

 

夜勤の有無によってかなり手取りが左右されます。

 

 

少子高齢化の影響は様々な所に波及しており、医療関係者も、より必要性が高まると考えられています。
ですから、現時点で看護師不足の状態なのですが、これから先もその状況からは脱却できないと予想されます。
毎年多くの人が看護師資格に合格しているはずなのに、それでも看護師が足りていないのは改善しない職場の環境や待遇を理由に離職してしまう場合があるということが一因だといえます。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、二つの職業の差異はどこにあるのでしょう。

 

 

 

分かりやすい違いは、医師は患者さんの診察と治療、予防指導を行ったり、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。

 

それに対して、看護師は、医師の指導の下、診療時に医師の補助を行って、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。看護師という仕事は普通の仕事とは違うと思われやすいですが、他の仕事と同様に、労働者の権利を訴えるような組織がなければ状況によっては、適切でない雇用条件のもとで働くことになり、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、経営者サイドがきちんとした配慮を行うことが重要だということは言うまでもありません。
あまり一般的ではないかもしれませんが、医療機関以外に看護師として働ける職場に保育園がある事をご存知ですか?保育園を職場にするのは、子どもの世話が好きな方であれば、最適な職場でしょう。保育園での具体的な仕事の内容は、病院とは異なり子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという大切な仕事です。看護師の勉強をするための学校には大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。

 

 

それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。最先端の医療について等、より専門的な内容を学ぶことができるという点と一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。
それに対して専門学校は、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、すぐに戦力として使える人材になれるでしょう。その他、学費に関しても専門学校の方は大学の十分の一くらいで済みます。