看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































特報五社看護師求人東京

国家資格を有した正看になるためには、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが絶対条件です。
そもそも、卒業が受験資格になっているのです。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、看護学校受験のための予備校も人気があるのです。准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、看護学校が行っている通信教育課程がありますから、働きながら勉強することが出来ます。
以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、これを行なう病院がかなり増えました。
個人ごとの能力を測り、評価できるように、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年に一度だけということもあります。自分の能力評価を受け続けることで、自分が次はどこまで能力評価を上げたいか、など目標を持つことができます。

 

また、高いモチベーションを保てます。よく言われているように、看護師というのはとてもきつい仕事です。

 

 

 

夜勤必須の病棟勤務、神経を使う重症患者さんもいて、容態の急な変化もありえますし、検温や血圧測定、動けない人の介助も仕事の一つです。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に何度もナースコールが鳴って、対処が必要になったり、気の休まる時間はないくらい立ち働くことになります。

 

人材として需要が高いため、看護師は転職しやすいです。

 

転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接試験を受けることになります。

 

 

これまでの経験や職務について、志望動機など話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、能力的なこと以外に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も調べられているのです。仕事上の能力や技能はもちろんですが、人間的な魅力なども知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。ちょっと前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近年では少しずつ看護師を志す男性も増えてきています。
看護職においては、患者の移動の際やお風呂に入るのを手助けしたり、体力勝負の仕事があるため、男性看護師がより力を発揮できるということもままあります。
女性と年収に関しては同じですが、産休や育休のため、やむを得ず職を離れなければならないということがないのでその分より職業的な高みを目指していけるということです。

 

一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンの際も、審査で引っかかるということは殆どないでしょう。

 

けれども、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師についてはそう簡単にはいかないかもしれません。

 

ローンで審査に引っかからずに通れるのは正職員という形で勤務中の看護師については言えることなのですが、非常勤で勤務している人の場合、看護師であってもローンが難しいことがあります。

 

 

医師の仕事と看護師の仕事の間の、大きく異なっている点があります。はっきりした違いは、医師は患者さんの診察と治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、そのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。

 

 

 

それに対して、看護師は、医師の指導に則って、医師が行う診療の補助を行い、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。
もし転職される場合には、看護師の皆さんも履歴書が必要なのですが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。

 

 

それは何かと言いますと、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をどのように記入するかです。

 

雇用条件であったり、労働環境であったりが良かったのが志望のきっかけだとは言わずに、研鑽に励みたいという理由や今までやってきたことを活かすことが出来そうだというような理由などやる気に満ちたような内容がいいと思います。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。通常業務のみでも大変忙しいのに加え、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、時間通りに帰れないということはよくあるのです。しかし、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも患者さんやそのご家族と接するときは、笑顔です。

 

さっきまで愚痴っていた人がすぐさま笑顔を向けられるのだから、看護師はさながら女優だなと感じます。
新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、ほぼ希望を通してくれる病院もありますし、人員配置を担当する人の考え方一つで確定されたりすることもありそうです。

 

人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、充分に考えられた配属であることが殆どです。

 

 

 

もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。

 

労働環境は、決して整っているとは言えず、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死に至った看護師もいました。

 

 

では夜勤をはやめて日勤中心の仕事に変わったとしても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてさらに看護師の需要は高まっており、看護師にかかる心身の負担は大きいです。注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。
普通、好んで注射をされに行くような人はそうそう多くいるとは思えませんが、注射の必要があるのならば、ベテラン看護師に打ってもらいたいと思うのが普通です。
でも、注射針を刺すのは看護師の腕次第ですから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、残念ながら、何度も刺し直されたり痛くされてしまう事もあると思います。

 

これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。

 

それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとして重要な理由の一つに「給料が高い」ということがあります。

 

初任給で考えても、同世代の新入社員と比較して高めだといえるでしょう。

 

ただし、このようにして高収入を得ているのですから、その分、研鑽に励み、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。
医療の現場に携わる仕事とあって、看護師は神経を張りつめていることが多く、そうしたことにより常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。
なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、メンタル面にもつらい部分があると言えます。ストレスを和らげ、自らをケアする手段を発見しているか、または見つけ出せるか、というのも、この仕事を続けていくのであれば重要視した方が良いようです。看護師の存在は法律上、医師の診療を補助する役割と定められています。

 

 

基本原則として、医療行為を行うということは認められていないのが現状ですが医師から指示された場合は、可能な場合もありますただ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、切迫した状態では、経験を積んでいる看護師に限り、部分的に医療行為も認められてもいいんじゃなかろうかという風に感じています。

 

日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。そして、気になる退職金は、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、納得のいく額が支払われることになるでしょう。個人病院はどうなっているかというと、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。

 

決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。
看護師の働く職場では、人間関係が上手くいっている所は少ないなどと、言われることは多いですが、単純に看護師の職場には、女性がとても多いから、ということのようです。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてあれこれと他人の噂話などを楽しむことがよくあり、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。

 

そんな職場の人間関係がわかってくるといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と織り込みつつ、人間関係を築いていきましょう。どこの業界にもこういったものはあるようですが、看護師の世界で通用する業界用語のひとつにカタカナでエッセンと書く言葉があります。食事のために休憩するということを仲間うちだけに伝わるようにしたもので普段から使用されているようです。
そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。
昔は、医療現場でドイツ語がよく使われており、そんな習慣が業界用語として残っているのです。

 

 

ともあれ便利に多用されているようです。
看護師として働いて、もう数年になります。

 

それで、気付いたことは、看護師はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。

 

 

喫煙者が肩身の狭い思いをするような世の中になってきて、ヘビースモーカーの看護師も減ってはいますが、やはり、他職業と比べたら、相変わらず喫煙率は高いです。

 

 

そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、看護師たちの飲み方、酔い方は決して可愛くも上品でも天使でもありません。

 

 

とは言え、こうした醜態も日頃から仕事で抱え込んだストレスのせいだとも理解できますので、こんなことで発散できるのなら、ぜひそうして欲しいと願うのでした。
学校を卒業したばかりの新人ですとか、他の病院から転職してきた看護師の場合、病院によりますが、残業代がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。

 

残業代の未払いは、勤続年数や経験などは関係せず法律に違反しており、罰金や懲役の対象となります。行なった残業は、労働には違いありません。なので、働いたらその分はちゃんと、手当として支払われなければなりません。