看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































看護師募集ナースキャスト

すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。

 

 

これにより、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。看護師らの労働環境はあまり良くはなく、無理をして夜勤を続け過ぎたあまりに、過労死してしまった看護師もいたのです。

 

夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、多くは訪問介護の仕事があったりして、そこでも高齢者人数の増加によって、看護師需要は高まるばかりで、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。

 

正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、パート勤務なら、時給で支払われることがほとんどです。では、パート看護師の時給はいくらくらいか見てみると昼間のみの勤務で平均的なところをみると1300円ほどから1800円あたりまでになっているのが世間の相場みたいですね。パートの仕事の割には結構良いように思えますが、専門職である人命に関わる看護師であり、休む間もなく仕事に追われる環境について思い至ると、どうしても安く感じてしまいます。看護師は、ハードワークであると同時に、やりがいのある仕事でもあります。どんな時やりがいを感じるかですが、退院患者さんが出るのは喜ばしいことですが、更にそんな患者さんが、後日、病院まで訪ねてくれて、挨拶をしてくれるような時です。

 

それに、やはり患者さんの家族の方から笑顔でお礼を言ってもらえたりすると、この仕事を選んで良かった、と心から思えます。よく知られている通り、仕事自体は本当に大変なので、充実感とかやりがいを感じなくなったなら、多分看護師はもう辞めたい、などと考えてしまうはずです。

 

 

病院で働く看護師は、病気を抱えた患者と接する機会が多いため、不信感や不安を与えないために、髪形に気を配っておきましょう。

 

看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔な印象を与えるヘアスタイルにすることが大事です。とはいえ、職場の環境や方針次第では、ルールがそれぞれ異なるケースがあると理解しておきましょう。

 

勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。

 

勤務表、つまりシフト次第ではありますが、休暇を時間単位で取ることもできますから、育児と仕事の両立を図りつつ、それ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。
子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、ともあれ働き続けていられるということは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。

 

ついでに言うと、看護師も他業種と同じように8時間勤務です。

 

意外に思われるかもしれませんが、看護師には細かな階級が存在するのです。高い階級から言うと、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には総看護師長ですとか、看護部長といわれる人ですね。

 

 

 

どういう人が出世するのかというと、勤務年数を長くして、信頼を得られるように努めることが大切なようです。

 

もちろん、階級が上がればその分、より多くの給料を受け取れるはずです。
一般に高給取りだとされている看護師ですが、その給料は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。

 

 

退職する時に出る手当である、退職金については、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、そうした規定に沿って支払われます。個人病院はどうなっているかというと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。看護師の職業は、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、世間的には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。とは言え、実際の看護師の働き方を見てみると、収入はそこそこあるとはいっても、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。

 

肯定的側面を見るだけではなく、看護師の勤務の仕方の実情というものを理解することが必要です。転職活動の場面においては、看護師の場合にも履歴書を書かなければなりませんが、気を付けなければならないことがあります。

 

 

 

それは何かと言いますと、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をどのように記入するかです。
具体的に言うと、雇用条件や労働環境がよかったから志望したと書くよりも、研鑽に励みたいという理由や過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような「この人はやる気があるんだな」と感じられるような内容がいいのではないでしょうか。
看護師という職業は勤務する時間が不規則な上に労働環境の大変さによって他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実をいうと、看護師の資格を持っているとその他の仕事でも活用できるというのもよくある話です。

 

 

いくつか例を挙げるならば、病人への対応や体の仕組みに関する知識があり、人の体を扱うことにも慣れているので、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。
そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、その技能を一番発揮できるポジションにつくことができるでしょう。

 

 

ですから例えば「夜勤が平気で気にしない」という場合は、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

 

 

もちろん業務の内容によって、給料が変わる可能性も考慮しながら、自分の希望は、はっきりとわかりやすく伝えておくべきでしょう。

 

 

医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。

 

 

大きく言うと、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、病気をいかにして予防するかを助言したり、適切な薬を出すことが主な業務とされます。
他方、看護師の場合は、医師の指導に則って、診療時に医師の補助を行って、医療面はもちろん、精神面でも患者さんをサポートしていく仕事です。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。
エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、細心の注意を払ってほしいところです。それから、薬についてですが身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、気をつけないといけません。
そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、母体への負担が大きいあまりに、流産や早産になることも多いのです。

 

 

ですから、必要十分な休憩をしっかりとって、なるべく安全な妊婦生活を送るようにしましょう。労働者一般の収入と、看護師のそれとを比べてみたら、年間を通した平均収入の額ですと確実に、看護師の方が上回るといいます。医療や福祉関係の機関では、看護師不足に泣いているところも多く一定数以上の需要が常に見込まれるので、景気に関係なく、収入が安定しているといった大きなメリットがあるといえます。

 

収入が良いのは事実ですが、その一方で、かなり長時間のサービス残業を、せざるを得ない場合が多かったりなど、仕事をする環境としては、問題のある職場も多いと言われています。
前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。ただ、それ程スムーズに、職場復帰が可能かどうかについては、どんな辞め方をしたかによって決まりそうです。

 

例として、結婚や引っ越しで辞職したり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。

 

 

 

こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。様々な事情により夜勤はできないとして、昼間だけのパート看護師として働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。看護師として外科で働く際のプラス面とマイナス面について知っておきましょう。まず第一に、術前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、スキルアップに繋がります。
残念なことは、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。
看護師だった知人は、病気になってしまって、その療養のために一度看護師を辞めています。でも、病気を治したら復職して医療施設で看護師として今も元気に働いています。多少のブランクでも、有利な資格があれば比較的復帰が楽になりますよね。

 

 

 

やはり資格が大切なことが改めて分かりました。人間関係について言えば、看護師の世界は最悪に近いということも、しばしば言われるようですが、どうやら、看護師の世界は女の世界だから、というのがその大きな理由とされているみたいです。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて顔を合わせる度に、娯楽として誰かの悪口に励んだりもするでしょうし、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。

 

 

あまり健全ではない、そんな空気の中にいていい加減、疲れてしまうかもしれません。
でも、そんな風になりやすいのも、ただ単に女性の数が多い職場だから、と納得しておくと良いかもしれません。普通のサラリーマンやOLと違い、看護師の仕事時間は交代制で夜勤があります。

 

 

 

規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが多く、人手不足の一因となっています。

 

結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、安心して託児ができる施設などがなければ夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。けれども、ここ何年かのことですが、育児を終えてまた看護師となって復職を果たすという、そういった人が増えてきており、大きな戦力となっています。卒業を控えているのに、看護師の就職先がなかなか見つからないという方は、年齢が原因になっている可能性があります。
求人サイトなどには年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、実際には病院側が採用年齢をあらかじめ決めている場合もあります。
中でも、30歳以上で未経験の場合、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。