看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































看護師東京好条件の非公開求人

皆さんご存知の通り、少子高齢化問題が叫ばれて久しいですが、それに伴って、病院などの医療の現場で働く人々がもっと増加することが急務とされる日が来ると考えられています。

 

なので、現在も「看護師は売り手市場だ」といわれているのですが、将来的にもこの状況である可能性が高いです。

 

毎年国家試験に合格して晴れて看護師となる人がたくさんいて、今なお看護師の数が十分でないのはなぜかというと労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも一因だといえます。

 

今どきの交代制勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、大半の病院が入院病棟の方に多くの看護師を置きますから、看護師経験が浅い間は殆どの人がシフト勤務になるはずです。
実際に、私の妻も看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。

 

 

ですから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので苦労した覚えがあります。

 

食い逸れる心配の少ない人気職、看護師を目指すには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。

 

 

 

それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。

 

 

 

この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ごく普通に勉強に取り組んできた学生とってみれば、特に恐れるようなものではないようです。看護師の養成を目的とした、専門の教育機関は専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、ここ最近は、より深く学べて、助産師や保健師の資格も取得可能な看護大学や学部の人気が高まっているようです。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術やケアなど、看護の方法が違います。それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、他部署のケアを学び看護技術を修得できる絶好の機会です。

 

また、多くの意見を参考にしながら多くの知識を身に付けることが出来ます。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、モチベーションが湧きやすいようです。看護師の収入については、労働者全般と比べると、平均年収という点では確実に、看護師の方が上回るといいます。医療に関わる職場において需要はいつでもある訳ですから、社会情勢とは無関係に、安定した収入額が得られる見込みがあるなどの大きなメリットがあるといえます。ただ、良い面ばかりではありません。高給取りなのは間違いありませんが、ただ働きであるサービス残業が蔓延している等、その労働環境を見ると、劣悪とまではいきませんが、少なくとも良好ではないようです。女の子が憧れることが多い看護師になるためには、広く知られているとは思いますが、学べる場所として、看護専門学校と看護大学という二種類があるのです。
二つの違いは、学ぶ内容にはあらわれてはいませんが違いと言えば、キャリアアップするためには大学を卒業した看護師の方が有利で、専門学校を卒業した場合と比べるとやや給料が良くなります。他方、看護専門学校の場合のメリットは、大学よりも安い学費で済み、実習が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることでしょう。

 

 

他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。
専門職の強みでもありますが、資格さえあれば、人間ドッグや健康診断のサポート、団体旅行に同行するツアーナースなどその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、休みの日を利用しての副業というのは、比較的行ないやすいのです。ですが、本業で勤めている病院でWワークを禁じていることがあったり、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、体に無理をさせてまで副業をするのは、決しておすすめ致しません。

 

 

 

看護師は給料が良いことで知られているものの、実はその金額は職場の規模の大小、公立か個人病院かなどによって、全く異なってくるようです。

 

 

退職時につく手当、退職金はどうかというと、国立や公立の医療機関の場合は、細かく勤務の年数、職の位などにより、退職金の額が決められますから、働いた分に見合った額を受け取れるはずです。

 

他方で個人病院の状況を見てみますと、多くの場合において、退職金に関する規定すらなかったりしますから、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、一般企業においては課長の役職相応でしょう。普通に課長職といっても、その年収がそれぞれの企業によって差異があるのと同様に、看護師の収入も、勤めている病院の大きさで違ってくるのです。
そのほかにも、公立病院と民間病院ではまた違いますし、病院がある地域が年収に影響していることもあります。

 

稼ぎの良い公立病院に勤めるケースでは750万円位だと見られています。

 

 

 

学校を卒業したばかりの新人ですとか、転職によって新しく働きだした看護師に、残業したことによって支払われるべき給金が出ないという職場があるといいます。
ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、労働者が新人かどうかは別の話で労基法違反であり、犯罪です。残業も完全に仕事のうちですから、働いたらその分はちゃんと、給金という形で手に入るのが当然なのです。

 

よく言われることですが、看護師という仕事から得られる充実感は大きいものです。しかし、反面、この職業ならではの苦労もつきものとなっています。

 

 

 

なかなかきつい仕事であることは確かですし、労働時間は長く、また不規則になりがちですし、独特の張りつめた空気が漂う職場でもあり、そういった空気がスタッフ同士の小さなトラブルを生むこともあるでしょう。
ハードさを充分納得しつつ、看護師のお仕事を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、良くない点を打ち消せる程に良い点がたくさんあるということなのでしょう。

 

 

 

どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているなんてことを、聞いたり実感したりすることがあるかもしれませんが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。
というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くて何人か集まると、この場にいない他人の噂話に花を咲かせたりするものですから、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。

 

そんな職場の人間関係がわかってくるといい加減、疲れてしまうかもしれません。でも、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと知っておくだけ知っておいて、一歩離れた所から対処する姿勢を保つのも手です。ハードさで知られる看護師の仕事です。

 

そのため、やり辛さを感じることがあっても、おかしくありません。特に夜勤を、二交代制、あるいは三交代制でこなしていくうちにたいていの看護師は、体内時計を狂わせてしまって、そうこうしているうちに、体調を悪くする人もいます。
昼夜にわたる、大変な仕事によって疲れは身体から抜けることなく、腰痛や頭痛に苦しむことになり、身体に無理をさせているのかも、と実感してしまうことはあります。

 

 

今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこれに参加を申し込む看護師は多数います。
女の職場なので、男性との出会いというものが少なくて、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。

 

街コンにおいても、「看護師」という仕事は人気が高いです。

 

ですが、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事柄、休みの予定が合わない場合もあり、破局をむかえることが多いと言われています。
医師の仕事と看護師の仕事の間の、この二つの異なる点といえばなんでしょう。

 

 

大きく言うと、医師とは、病気にかかった人の診察や治療、予防のためのアドバイス、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。
対する看護師の仕事は、必要に応じて医師が出す指示の通りに、診療面で医師の補助をしたり、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。

 

 

 

正看護師は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、専門学校や大学で看護を学び、しっかりと単位を取って卒業するのが条件です。

 

それが試験の受験資格でもあります。
ですが、看護の専門学校も人気が高く定員が少ないので、看護学校の受験合格を目指した予備校に通って受験対策をする人もいるようです。准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、通信教育課程も幾つかありますから、検討してみるのも良いでしょう。看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりに仕事に耐えられず辞めてしまい、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。

 

 

さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、転職という選択をすることにしたのでした。

 

それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。頼りになったのはネットの情報でしたが、あと本も参考にしたりして試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関してもちゃんと自分でやらなきゃいけないんだ、なんてことがいやでも思い知らされた出来事でした。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、残って仕事をしなければならないことがよくあります。しかし、たとえ忙しくて疲れていても、いつだってにこやかに患者さんやそのご家族に対応しているのです。少し前まで愚痴を言っていたような人がぱっと笑顔を作れるのですから考えようによっては看護師は女優みたいなものだと思います。
新卒や既卒で看護師としての就職先が決まらず困っている話を聞きますが、年齢が原因になっている可能性があります。実際の求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、実際には病院側が採用の年齢を設定しているケースがあるのです。中でも30代から看護師を始めた、という方の場合は相当な努力が必要になると思います。
友人は看護師として病院に勤めていたのですが、病気を治療するためしばらく看護師を辞めていました。

 

 

でも、体調が良くなったら、早めに復職して医療施設で看護師として今も元気に働いています。
多少、仕事をしていない期間があっても、資格を持っていたら比較的復帰が楽になりますよね。

 

 

 

普通はブランクがあると再就職が難しいので、有利な資格を取っておいた方が安心ですね。