マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/
















看護師転職ランキングナース求人

看護師は夜勤をするのが当たり前とされる場合が往々にしてあり、子供がいる看護師にしてみればかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。子供が小学校に入るまでならば24時間保育を行っている保育所の利用や病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。

 

そのため、やむを得ずパートで勤務を続けるという看護師の方も少なからずいます。

 

看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのいいこと、良くないことも含め、どういったことが起こりうるのか、知っておきましょう。手術を受ける前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、看護師に必要な力を身に着けやすいという事でしょう。良くない面を挙げると、担当患者が短いスパンで変わっていくため、長期に渡って落ち着いて患者との関係を構築していくということが難しい点があります。

 

 

 

検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に看護師が行います。
好んで注射や採血をしてもらうような人は少数派でしょうが、どうしても打たれなければならないなら、出来るだけ痛くないように打ってもらいたいと思うのが普通です。
とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。この辺りは運としか言いようがありませんね。

 

 

 

病棟勤務の看護師は12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって夜勤をこなしていくことになります。
夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると現場から医師や看護師も減ってしまいますし、夜中の少人数体制の中で腹痛、頭痛、眠れない、等々で入院患者からナースコールがあったりと、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、大体いつも、日勤より多くなるようです。

 

 

勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。
どうしてもシフト次第という点があるのは否めないものの、休暇を時間単位で取ることもできますから、子育てと両立させながらなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、ともあれ働き続けていられるということは、ひとえに勤務時間の調整がしやすいからと言えるでしょう。なお他業種同様、8時間勤務が基本です。
殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。
理由としては、看護師の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。

 

 

最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで仕事が増加する一方になり、仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。

 

 

 

また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、看護師の職を離れる人も珍しくないのです。

 

 

私の知人は看護師として病院で働いていたのですが、ある病気の治療のために退職したそうです。

 

でも、病気を治したら復職して看護師として今も病院で働いています。
ブランクがあっても、資格を取得しておけば比較的復帰が楽になりますよね。

 

 

私も何か役に立つ資格を取っておけば良かったと思いました。
初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる病院もありますし、人員配置を担当する人の考え方一つで左右される場合もあるかもしれません。
全く意外なところに配属されたら慌てますが、しかしそれも、その場所にその人が最適だという判定から、出された答えとしての配属であることが多いようです。でももし、その配置に不満がやまないのなら新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。

 

 

 

看護師と言えば、大きなやり甲斐を感じながら働ける仕事の一つであるのは確かですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。

 

肉体的にも精神的にも大変な仕事であることはよく知られていますし、職場にいる時間は長く感じる上に、交代制で不規則であり、医療現場である以上、緊張の度合いも相当大きく、そんな中、人間関係の良好な形成が難しいこともあり得ます。

 

 

それらを承知の上でなお、看護師になろうと目指そうとする人が大勢いるというのは、良くない点を打ち消せる程に長所も多いということに他なりません。
あまり一般的ではないかもしれませんが、病院外の看護師の仕事場として保育園があることを知っていますか?保育園に勤めるということで、子供好きの看護師には、適任の職場だと言えます。ちなみに、どういった仕事かというと医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする大切なものです。
昔から、看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。

 

 

 

現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など大変な面もありますが、実際の年収にのみ注目するのであれば、他の業種の収入に比べると安定して高給だということが特徴として挙げられます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。このような高給で安定した職場という面では看護師を選ばない理由はないでしょう。

 

 

 

看護師を志したのは中学の時の職場体験で、体験先の介護施設の看護師の方に感銘を受けたのがきっかけとなりました。

 

 

将来、仕事を選ぶとき、こんな風に働きたいと考えたことが端緒となり看護学校へ進み、晴れて看護師になりました。

 

 

いやなこともありますが、充実した日々を過ごしています。看護師の職業は、よく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、大体の場合には、良い印象を持たれていることが多いと言えます。けれども、看護師の現状はというと、収入はそこそこあるとはいっても、その分、夜勤で働いたり、長時間の残業を強いられたりしている看護師も少なくないのです。

 

良い面だけを見るのではなく、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。

 

もっと看護師としての腕を上げたい、と考えているのであれば、それは看護師としてのキャリアを積んでいくしかありません。

 

事に当たって、全てに対応できる手引書が用意されているといった生やさしいものではありません。

 

ですから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。

 

 

看護師の中には、向学心から転職を希望する場合があります。救急や最先端の医療を行なう大きな病院などで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、ポジティブな考え方の転職ですね。

 

 

朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、看護師は夜勤を交代制でつとめることになります。

 

規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、なかなかハードではあります。そして、結婚や出産といった機会に退職する看護師もかなり多い、というのが問題となっています。
結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、それこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないとそもそも夜勤などはできないものです。
とは言え、近年においてはもう一度看護師として働くことを希望する人も少しずつ増え始めています。子供のころから看護師になるのが夢だったのですが、事情があって就職を選んで会社員としてしばらく働きました。

 

 

ですが、OLをしている間も看護師になりたいという思いが消える事がありませんでした。

 

転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも出来たのですが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。
すると、現場で看護助手として働くと同時に資格を取ることが出来る事を知りました。
看護師の夢をかなえる道が見つかって、とてもうれしいです。
看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとしてエッセンという言葉があり、ほとんどの人には何の事かよくわからないでしょう。これは、食事をとりに休憩してきます、ということを他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として現場でよく使われています。
ではこのエッセンというのは何かといえば、デタラメでも略語でもなく「食べる」のドイツ語です。

 

 

昔、この世界ではドイツ語の医療用語が盛んに使用されていた事実があって、そんな習慣が業界用語として残っているのです。

 

ともあれ便利に多用されているようです。

 

 

 

看護師になるための手段として、大学と専門学校という二つがあります。大学の特色は何かというと最先端医療の知識など高度な技術に触れることができることや、より幅広く知識を修得できるということでしょう。

 

 

対する専門学校については、実習など現場に即した内容が多いので、働き始めた時点である程度の戦力になることが出来るということが特徴として挙げられます。また、学費が心配という場合が多いと思いますが、それについても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。

 

 

 

「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。それぞれ漢字表記にすると、この二つになります。かつては「看護士」が男性、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。
でも、2001年に法律が変わったことを契機として、性別に無関係に使用できる看護師の表記にまとめられることになったわけです。
看護師という仕事は普通とはちょっと違う職業だと認識されていますが、やっぱり、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ雇用条件において不利になることも生じて、それが患者にとってもマイナスになる可能性だってあります。

 

看護師がストライキを起こすというのもなかなか難しいので、経営者サイドがちゃんと考えてくれることが最も大切です。