看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































非公開best求人看護師年収ベスト

医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば病院によりますが、2交代制か3交代制でみんなが夜勤を務めます。
夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて現場から医師や看護師も減ってしまいますし、そうやって人がいなくなった夜中に容態が急変した重体患者が出たりなど、通常の業務外に、対応するべき案件がとても増えます。
そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。どうしても、看護師という職業においては愛煙家が多くない印象がありますが、印象通り、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。

 

医療施設で病気の患者と接触のある職業ですから、煙草を吸って、服や体に臭いがつかないように、注意している人が多いと理解できると思います。医療施設で看護師として働いていた知人は、病気を治療するためしばらく看護師を辞めていました。ですが、病気が完治すると現場に復帰して、看護師として今も病院で働いています。

 

多少のブランクでも、資格があれば早々に復帰できますね。

 

再就職に苦労した経験があるので、資格を取っておけばよかったと思っています。
少々昔の話ですが、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、現在ではもうすっかり、看護師が労働の対価に見合う高給を得られるということを知る人は多くなってきています。

 

 

イメージが好転した大きな理由は報酬の良さもあるでしょう。看護師の給料と言えば、女性が筆頭の稼ぎ頭となって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。

 

 

 

今更言わずと知れたことではありますが、確実に高給を得られる専門職なのです。看護師という職業は働く時間が規則的でないことや厳しい労働環境であることなどが影響して他職種に転職する人も少なくないという話ですが、実は看護師の資格というものは、いろいろな職種において実際に役立つことがよくあります。

 

具体例として、病気になった人をどう扱うかや、体の仕組みについて知識を身に付けているため、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。

 

一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。
勤務形態でハードさの度合いも変わりますが、病棟勤務の場合だとかなり症状の重い患者さんもいますから、急に容態が変化してその処置に大わらわになったりしますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも看護師の仕事です。

 

 

 

急に手術の予定が入るようなことはしょっちゅうですし、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間に患者さんからのナースコールがひっきりなしだったり、気の休まる時間はないくらいてんやわんやと忙しいこともあったりします。

 

 

色々とある中で、看護師という資格の一番いい点を挙げるとすれば、何てったって、たとえブランクがあったとしても、再び看護師として働くことが比較的容易だということです。その理由は、看護師は専門職という位置づけであることと人が足りていないことが根拠として挙げられます。

 

どういったところへ転職し、どのような雇用形態を望むのか、あまりこだわりがないのであれば状況次第でたとえ50代でも看護師として再就職が出来るのです。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても総合病院から地域の診療所まで、規模が随分違います。
あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。
それぞれの会社で給料が変わるものですが、同じことが看護師にも言えます。

 

地域の診療所と総合病院とでは、やはり貰える給与に違いがあるのです。こうしたことを踏まえても、一口に看護師といっても、平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。
当然ですが、病院には患者それぞれの症状に対応する科がたくさんあって、それぞれの科の診察内容次第で、看護師に求められる技術や処置の方法が変わってくるのです。看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、自分の部署には無い幅広い看護技術を修得できますし、いち看護師として視野を広くして物事を捉えられるようになり、総合的な知識を学ぶこともできるでしょう。今後どうなりたいかという希望を見付けることになりますし、看護師としてのやる気も湧きやすいようです。医師、そして、看護師。この二つの異なる点といえばなんでしょう。分かりやすい違いは、原則として、医師に課せられているのは患者さんの診察と治療、予防のためのアドバイス、必要なお薬を処方するといったことが仕事の内容です。

 

その一方、看護師さんの行うことはといえば、医師に指示されたときに、医師が行う診療の補助を行い、患者さんのケアをするということが中心です。意外かもしれませんが、今とは別の仕事場で働くことを望んでいる看護師は、割合に数が多いです。

 

 

慢性的に看護師の数が足りない、とする医療機関は多く、需要は高まる一方で、そのため求人の数はとても多いのです。

 

今、働いている仕事場では扱われ方が酷くて、まったくやりがいを感じられないとか、手当もろくに出ないのに残業がやたらと多いなど、職場を変えたい、と思うようになった理由は様々であるようです。

 

現在の職場よりもよい待遇を期待するなどの理由で転職を考えているのであれば、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どういった評判があるか、ということも知っておきたいですね。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。

 

することは多く、責任は重く、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、その上に、医療現場という緊張感もまた並大抵ではなく、仕事上のあれこれが人間関係の構築に響くようなことも考えられます。

 

 

 

それらを承知の上でなお、看護師になろうと選ぼうとする人もまた大勢いる訳で、デメリットに目をつぶることが可能なくらい意義のある仕事であり、充足感があるのでしょう。公務員看護師になるには、国公立病院や公立機関で働くという方法です。実際、看護師の職業は専門的な知識や経験が求められ、安定した職業として人気なのですが、公務員のメリットを生かす事も出来れば安定性は確実です。
公務員は福利厚生が手厚くサポートされていたり、解雇の可能性が少ないという点が、最大のメリットだと言えるでしょう。
夜勤を含めた交代勤務が必須など看護師の仕事は大変ハードでも、申し送りは、最も気を抜けない仕事のひとつのようです。
受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、責任を持って交代する看護師に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。

 

 

 

伝言で済むものもありますが、医療的に重大な処置に関する申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。看護のスペシャリスト、看護師になろうとする場合、そのための学校、看護専門学校や短大、大学といった機関で勉強し、受験資格を得て、国家試験にパスしないといけないことになっています。

 

 

 

試験は、驚異の合格率90パーセントを誇っており、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、特に恐れるようなものではないようです。
看護師を養成する学校というのは看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、より高い収入を得ようと、Wワークに励む人は少なくありません。Wワークに向いた仕事も様々で、健診センター、健康診断、ツアーナース、イベントナースなどといったその時だけの単発の仕事や、期間限定、短期集中の仕事もあるため、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。

 

 

ただ、本業の医療機関において休みをきちんと取らせるためにも、Wワークを禁じているところはありますし、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、本業に支障が出るまで副業に励むのは、止めておくべきです。
もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずはする必要のない放射線被曝を絶対にしないこと、これに尽きます。

 

 

エックス線撮影やCTなど放射線を利用する検査の際、そこに居合わせることもよくありますから、細心の注意を払ってほしいところです。それからまた、薬の取り扱いについても身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。立ち仕事や夜勤シフトなど、看護師の仕事はかなり身体に厳しい仕事で、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。

 

 

 

仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。
小さい頃から看護師として働きたいと思っていましたが、家庭の事情があって結局OLになりました。

 

 

 

しかし、看護師になりたいという気持ちが大きくなるばかりでした。

 

無資格でも看護関係の仕事に就くということも考えましたが、どうせだったら資格を取りたいと思っていました。すると、医療施設で看護助手として勤めながら看護師の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。

 

この方法で看護師の夢を叶えたいです。
看護士と看護師、発音は当然同じですが、漢字で書いてみるとこの二つになります。以前は看護士と書くと男性を、看護婦は女性と明確に分けられていました。

 

でも、2001年に法律が変わったことを契機として、性別に無関係に使用できる看護師の表記に一元化しました。勤務や休みをある程度自由にすることができ、したい仕事を選んで働ける、等などがあえて派遣で働くということを選んだ看護師にとっての、主なメリットでしょう。

 

 

 

その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、都合にあわせていろんな派遣先を選べますので、今現在、仕事を探している人は望めば派遣で働くこともできる、ということも考慮に入れて職を探すのも一つの手です。