マイナビ看護師


株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス
医療系転職支援サービスのプロがサポート

日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など
豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり



マイナビ看護師 詳細はこちら



https://kango.mynavi.jp/




ナース人材バンク



年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス
東証一部上場の安心企業が運営

全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート
求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ



ナース人材バンク 詳細はこちら



https://www.nursejinzaibank.com/




パソナメディカル



医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ
登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介

登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー
なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実



パソナメディカル 詳細はこちら



http://nr.pasonamedical.com/





看護のお仕事




全国求人対応・転職成功で、転職支援金あり
業界最大級の非公開求人(=好条件求人)保有数

地域ごとに専任のコンサルタント。
地域密着型のご提案が可能



看護のお仕事 詳細はこちら



http://kango-oshigoto.jp/




ナースパワー人材センター




看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア
業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用

沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評



ナースパワー人材センター 詳細はこちら



http://nursepower.co.jp/
















best看護師転職サイト

あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。
それは公立機関や国公立病院で働く以外ありません。

 

本来、職業としての看護師が専門的な知識が求められ、長期間働ける職業として人気なのですが、加えて公務員に準じたメリットがつけば一層安定した職業になることは確実です。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は何よりも魅力的だと思います。皆さん看護師というとどういうイメージをお持ちでしょうか。

 

「看護師」と言えば特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、他職種と同じように、労働組合のようなものがなければきちんとした雇用条件が得られないような場合も出てきて、患者にとっても不利益となるようなことも起こりかねません。
職業柄、ストライキをすることも看護師にとっては困難で、雇う側の立場の人間が、適切に配慮することが大事だというのは当然の事実です。看護師には夜勤がつきものですが、夜勤をすると決まって体調を崩すようであれば、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。
重要なポイントとして、夜勤の際の深夜労働手当てが支給されないので、夜勤で働いていた頃に比べて給料が少なくなってしまう事が少なくありません。現在の年収を下げてまで今の職場を離れるかどうかを考えてみましょう。
様々な病気を抱えた患者に出来るだけ安心感を持ってもらうためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意することが大切です。

 

女性の看護師の場合、派手なメイクは避けて印象の良いナチュラルメイクにするのがおススメです。すっぴんとは異なり、患者に与える印象も良くなるでしょう。

 

病気になって気落ちしていると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、その実態は過酷な勤務実態に陥っているケースも少なくないのです。
たくさんの覚えなけばいけない事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も珍しくないのです。性格的に、真面目で責任感が強いと言われる方や趣味がなくストレス発散が苦手というタイプは、注意が必要です。

 

 

世間から見ると、看護師は給料が高いという印象があるのではないでしょうか。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など辛いことも多いですが、実際の給与の平均を調べてみると、他の業種に比べて平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。
高給が約束された安定した業種としては看護師を選ばない理由はないでしょう。

 

 

受験資格を得て、合格後、看護師として働くための教育を受けられる機関として大学と専門学校があり、いずれかを選択することになります。

 

大学の特色は何かというと高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、より幅広く知識を修得できるということでしょう。それに対して専門学校は、実習など現場に即した内容が多いので、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。
その他、学費に関しても専門学校の場合は大学の学費の十分の一ほどなので、とても安いです。

 

 

看護の仕事を行なう上で、特に大事で外せない業務として、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。

 

その日その時、担当していた患者さんについての情報であったり、その他報告しておくべきいくつかの事項を次に勤務を始める看護師に口頭で説明を行います。伝え忘れなどミスのないようにし、また、相手がきちんと理解できるようになるべく簡素に話すことが大事です。あまり時間をかけず、要領よくこなすということも求められます。

 

どうやら看護師の世界においては、人間関係の難しさが際立っているということも、しばしば言われるようですが、どうやら、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。

 

 

 

俗に、女性は仲間うちでグループを作りやすいと言います。それは協調性の高さの表われでもありますが、そうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。日常的にそんな環境に接しているとやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、女性ばかりという環境ではそうなってしまい易い、ということを達観しておくのが良いでしょう。初めての病院で新人の看護師として働こうとする時に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、100パーセント希望通りにしてくれることもありますが、人事担当者の考え次第で決められてしまうこともあるでしょう。病院側としては、その人について知り得た情報から、その場所が最適であると判断して、そこに配属になる事が多いのです。
もし、その配属先にどうしても納得がいかないのであれば、新しい上司にそのことを相談してみると良いでしょう。病院には多くの科が設置されていますが、勤めている科が違えば、看護師の仕事や処置もまた違います。

 

 

看護師のローテーション研修は、配属部署以外を回るのですが、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、それぞれの仕事に対する姿勢を学び、知識を深められるでしょう。

 

 

将来的な夢を現実的に見据えるキッカケになりますから、新人看護師の意欲も高まります。なぜ看護師をやるのかといわれたときに、外せない理由の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。新卒の給料を見ても大体同じくらいの世代の、普通の会社に就職した人たちの相場と比べた時にもより高収入といえるでしょう。
そうはいっても、そのように高給をいただくということはその分、自分自身も精進に励み、患者さんに貢献していかなければなりません。正看護師は国家資格ですので、これを取得しようと思うと、看護課程の専門学校や大学を卒業するのが必須になります。

 

看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。
とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、これらの学校に入学する事を目標にした予備校に通って勉強する人もいます。もう准看として働いている人が正看を目指す場合は、通信過程で学べる学校がありますから、働きながら勉強することが出来ます。

 

世間では、看護師はよく「白衣の天使」といわれていることから分かるように、一般的には好意的な印象を与える仕事であると思います。

 

けれども、看護師の現状はというと、もちろん待遇はそれなりですが、その実は、夜勤や長時間残業の毎日を送っている看護師も多数いるのです。

 

良い所ばかりに目が行ってしまいがちですが、本質的に看護師の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。職場で担当する業務により、作業の内容がまったく変わってくるのが看護師です。そういうこともあって、最初に病棟で勤務を経験したら、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。
あるいはまた、特に採血が得意であるなど、できることを雇用者に知らせておけば、考慮され、それを活かせる場所で働けるようになるはずです。なので、夜勤を希望したいと言っておけば、そういった人は少ないこともあり、確実に病棟勤務に就けるはずです。

 

就く仕事の内容次第では、給料の金額も当然、変わることが考えられますから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。看護師をやるからにはほぼ夜勤の必要が出てくるわけで看護師の中でも小さな子を持つ場合にはかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。

 

小学生になる前の子供だったら、24時間いつでも預かってくれるような保育所を探したり、病院付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、小学生になると預け先がぐっと減ってしまうという問題が浮上します。

 

 

ですので、パートで働く形に変えていくという看護師も多くいるということです。免許が必要な専門職である看護師は医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、少し念入りに求職活動を試みれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。

 

 

 

近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師を対象とした転職、求人を扱うサイトなどもたくさんありますから、そういったところを利用して最適の仕事先を見つけてください。少子高齢化が進み、ケガや病気のリスクが高い高齢者の増加によって、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。
厳しい労働環境の中で、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。
夜勤はきついということで日勤だけの仕事にかえても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、さらに看護師の需要は高まっており、看護師にかかる心身の負担は大きいです。

 

殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは社会生活に支障をきたすほどの問題になっています。原因としては、過酷な労働環境があります。

 

看護師が医師の指示がなくとも一部の医療行為をできるようになったため看護師が覚えなくてはならない仕事が増えて、仕事に拘束される時間も長くなり、休みを取ることも難しいのが現状です。また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に退職する人もいます。看護師の仕事は、病棟勤務と外来勤務で大きな違いがありますが、残業はあっても、日勤だけで済むのが外来勤務です。
保育園や学童に子供を預けて働けるため、子供のいる人には良い環境です。そして、病棟勤務とは違って、夜勤がないのはもとより、大体は土日祝日が休めるという点が嬉しいところです。勤め先での外来勤務が、忙しいものになるかどうかは病院による訳ですが、混みやすい小児科や、人気のある医師のいる診療科だと多くの患者で待合室がいっぱいになり、対応には時間がかかるでしょう。

 

 

クレームが入ることもよくあります。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。