看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































best5社看護師転職

普通、看護師の職場と言えば病院ですが、実際は多種多様なものがあり、比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。また、介護施設や保育園も看護師の職場と言えるでしょう。それぞれの会社で給料が変わるものですが、もちろん、看護師も同様です。

 

地域の診療所と総合病院とでは、やはり給料も変わってくるでしょう。こうしたことを踏まえても、一口に看護師といっても、平均年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。働き方を色々と変えることも可能な看護師ですが、ほとんどの看護師が病院で勤務します。

 

 

 

けれど、看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、いくつも看護師の手を必要としている職場はあり、具体的には、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。

 

 

 

どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなく看護師として仕事ができる場所はたくさん有ります。自身の生活が変わっていくのに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。看護師としての技能を高めたいと望むのであれば、兎にも角にも、経験を積んでいくことが大事です。
万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような生やさしいものではありません。ですから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。

 

看護師の中には、向学心から転職を希望する場合があります。

 

 

最先端により近い、高度な医療行為を行なう病院で働くことにより、自分の看護師スキルの質を上げていこうとする、とてもアグレッシブな転職になります。昔の話ですが、かつての看護師といったら看護婦という呼び名の定着からも分かるように、女性の看護師がほとんどでした。

 

しかし今日では一般的に「看護師」という名称が使われているように男女共に働く職業となってきました。

 

 

看護師に求められる能力を考えてみると、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。母性的な優しさだけでなく、仕事の基礎になる体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった能力もこれからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。
業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、申し送りというものが必要になります。

 

入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護の業務に必要な諸々について次に勤務を始める看護師に口頭で報告説明する決まりです大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話す努力が必要です。

 

 

 

あと、なるべく短い時間でてきばきと、的確な申し送りをすることも重要な点になるでしょう。

 

 

看護師の仕事を選択する、外せない理由の一つに収入が高いという点があります。
働き始めて最初の給料を鑑みても、同じくらいの年の、企業に就職した人たちと比べて、より高い給与を得ていることが分るはずです。

 

ただ、そうやって高いお金をもらって働くということは、自分の腕を磨いて、患者さんに返していかなければなりません。
以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、これを行なう病院がかなり増えました。ちゃんと個人個人の能力について位置づけできるよう、一からスケールを作っていった病院もあるようです。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、じっくり時間をかけて一年に一度だけ、という病院もあります。なんにせよ、定期的に評価が行われることによって、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、仕事に対してより真剣さが増すということもあるでしょう。

 

日々、看護師の激務に追われて働き続けていくと、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。

 

そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて考えるようになってもおかしくありません。
一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれないとされる病棟は、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。
ですが、どういった病院か、重症度の高い患者さんの有無などの要因によっては、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。

 

 

実際の看護師資格取得の難易度はどれ程のものなのでしょう。調べてみると、看護師国家試験の合格率は毎年90%前後のようです。試験内容自体が、学校で理解していれば難なく合格できるものですから、これといって看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。

 

日本のみならず、海外で支援が必要な方々に、看護師として役に立ちたいと思案している看護師の方もいるでしょう。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、病気で苦しんでいる人を救うことの出来る看護師が必要になっています。

 

海外においては医師や患者と意思疎通をはかる上で、英語が必要不可欠なのです。もし、海外で看護師として活躍しようと思うのならば、きちんと英語を学んでおくべきです。
看護師に階級があるのをご存知ですか?階級が高いものは、各病院の方針によっても異なりますが、普通は看護部長、総看護師長といわれる階級です。階級を上げる方法ですが、同じ職場に長く勤務して実績を重ねて、周囲から信頼されるような人材になることが必要だと言えます。階級が上がれば上がるほど、高い収入を見込めます。

 

常に激務に晒されている印象のある看護師というお仕事ですが、その勤務時間は、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。
他のスタッフとの兼ね合い、つまりシフトの状態に左右されますが、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、小さな子供がいる人でも無理のない働き方が可能である、と思えるようです。
小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、ともあれ働き続けていられるということは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。

 

なお他業種同様、8時間勤務が基本です。
24時間切れ目なく続く仕事に携わる場合、交代勤務、所謂「シフト勤務」としてスケジュールを組んで24時間業務の仕事をこなす仕事のひとつに、看護師があります。

 

職場が外来の看護師であれば、日勤になることもありますが、多くの病院では、病棟の方に人材を割くのでまだ経験が浅ければ、ほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。
私の話になりますが、妻が看護師としてシフトに入っていましたから、彼女が夜勤の時は、子供が寂しがってすんなりと寝てくれなかったので大変だった思い出があります。
昼夜を問わず病院で働き患者の状態を見る必要のある看護師は夜勤で働く必要のある仕事です。

 

 

 

具体的な勤務時間でいうと、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なります。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。

 

 

 

3交代勤務の夜勤は勤務時間は短くなりますが、同時に休みも短くなって厳しいスケジュールに追われる傾向にあります。
求人に応募しようとする病院がどのような勤務形態なのか調べておいた方が、実際の勤務に向けた心構えが出来ると思います。

 

看護師の場合は安定していると思われることが多く、もし、ローンを組もうとすることがあったとしても、大体の場合、スムーズに審査を通ります。ただ、看護師の中でも非常勤の場合など、多少安定していないというケースではそう簡単にはいかないかもしれません。

 

簡単にローンを組めるのは派遣などではなく、正社員として勤めている看護師については言えることなのですが、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。看護師の中でも国家試験をパスした正看護師になるには、看護課程のある大学や専門学校で学び、無事に卒業するのが条件です。

 

看護師試験の受験資格が看護課程を卒業していることなのです。ところが、学校に入学するにも高い倍率を勝ち抜かなければいけないため、こうした専門学校に合格するための予備校も人気があるのです。

 

 

 

准看として働きながら正看の資格取得をめざすならば、通信教育課程もありますから、働きながら勉強することが出来ます。働く看護師の休日に関してですが、勤めている現場で異なっていますから、一概には言えません。
その中でも、3交代制での勤務形態の場合、シフトを組んで働きますので、休日勤務や平日休みになることが珍しくありません。

 

むしろ、職場の環境によっては、希望する休日のシフトを組むことも可能ですから、上手く休日のスケジュールと予定を合わせるのが良いでしょう。

 

 

一般的に、看護師という職業は比較的高給のイメージがあります。
もちろん、病院では責任のある仕事を任されることもありますし、夜勤が必須になるなど大変な面もありますが、給料で見れば安定して高給だということが見て取れます。
安定性といえば、看護師という職業が景気の影響を受けにくい点もメリットとして挙げられますね。これらの高給や安定性を重視するならば人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。
一般的な病院に勤める看護師の多くは、業務上、患者やその家族と接する場合が多いので、信頼してもらえるような印象になるためにも、ヘアスタイルに配慮することをおススメします。看護師として、患者からどのように見られているかを意識しながら、清潔感を第一にすることが良いでしょう。
病院の雰囲気や方針次第で、ヘアスタイルの規則の厳しさが違う場合があることを覚えておきましょう。職業上、看護師という立場では煙草を嗜む人が減っているように思います。実際のところ、その印象は間違っておらず、一般的な喫煙率よりもずいぶん少なくなるようです。
病院で勤める以上、煙草の臭いを漂わせまいと意識している人が多いと理解できます。