看護師転職サイトおすすめ
























ナースではたらこ




東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援








ナースではたらこ 詳細はこちら






https://iryo-de-hatarako.net/







ナース人材バンク





年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス キャリアが運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ




転職利用者の97%が満足の転職支援サービス

 (平成26年1月ナース人材バンク成約者アンケート調べ)






ナース人材バンク 詳細はこちら






https://www.nursejinzaibank.com/






マイナビ看護師





株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり





マイナビ看護師 詳細はこちら






https://kango.mynavi.jp/







パソナメディカル






医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実





パソナメディカル 詳細はこちら






http://nr.pasonamedical.com/







ナースパワー人材センター







看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評





ナースパワー人材センター 詳細はこちら





http://nursepower.co.jp/















































eナースセンター看護師求人

看護師がかぶる帽子というのは、晴れて看護師になるというという式の際にかぶせられるものだといいます。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。

 

 

 

ですが、ここ最近においては徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。
過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは残念だと思いますが、時代の移り変わりとして納得するしかありません。どこの医療機関でも看護師は不足していることが多いため、看護師の転職は比較的かんたんです。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、面接試験を受けることになります。ここで、経験してきた職務であったり、従事してきたことなど話をすることになります。

 

しかし、看護師としての能力と同様に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も注視されていることを、知っておきましょう。

 

 

 

実務能力はもちろんですが、協調性が高いなどといった長所もみてもらうことができれば、上出来です。病棟勤務と外来勤務では、看護師の作業内容はまったく違ってくるものです。

 

 

ですから、ずっと病棟勤務だった人の場合は、別の仕事先に移ったとしても、慣れている病棟勤務になりやすいようです。

 

 

 

それと、もし何らかの得意なこと(例えば採血が上手い等)があるのなら、雇用者に知らせておきましょう。

 

そうすることで、得意なことを最も活かすことができるポジションにつくことができるでしょう。そうなるとつまり、夜勤をぜひ希望したいということなら、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。
そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。

 

 

 

普通、注射や採血は看護師が行うものです。好んで注射や採血をしてもらうような人は少数派でしょうが、注射されるなら出来るだけ痛くないように打ってもらいたいと思うのが普通です。とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。

 

この辺りは運としか言いようがありませんね。免許が必要な専門職である看護師は求人が途切れるようなことはありません。

 

 

そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、丁寧に探してみれば、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。

 

 

 

最近スマホやPCで閲覧可能となっている看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが思った以上に多数存在しますし、上手にそういうものも使って優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。

 

入院設備のある病院に看護師として勤務するときには、基本的に夜勤は必ず付いてきますので、子育てをしながら働く看護師にしてみると大きな不安要素となり得ます。

 

 

未就学児であれば、費用はかかりますが、24時間保育が可能な保育所を頼ったり、病院に託児室があればそこを使うという手段もあるのですが、子供が小学校に上がると預け先がなかなか見つからないというのが現実です。

 

 

 

なので、看護師の中でもパートの勤務に変えていくという方もかなりの割合で存在しています。
一般的に見ると大変だと思われる看護師ですが、労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。例えば二交代制の病院勤務だと、途中で休憩をとることはとるのですが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、一般的に、看護師の勤務というものが大変だと思われる一因だと思います。
もし看護師として働きつつ自分の妊娠に気づいたら、注意すべきことがいくつかあり、まずは極力、放射線を浴びないようにすることです。

 

エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、慎重に行動してください。もう一つ、薬のことも妊婦にとって危険な、強い薬に接することもあり、その危険については、充分に心がけておくべきではないでしょうか。
また、立ち仕事をはじめ、何かと忙しく無理をしやすい仕事なので、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。

 

仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。

 

 

意外に思われるかもしれませんが、看護師には細かな階級が存在するのです。階級が高いものは、もちろん、それぞれの病院によっても異なりますが、一般的には看護部長や総看護師長がトップにあたります。

 

 

 

階級を上げる方法ですが、勤務年数を長くして、周囲から信頼されるような人材になることが重要です。

 

 

 

階級が上がれば上がるほど、より多くの給料を受け取れるはずです。看護師を題材にしたドラマがよくありますが、あの様にはいかないのが現実なのです。
普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、業務時間以外にも仕事が多くあり、時間通りに帰れないということはよくあるのです。

 

 

 

ですが、多忙を極めていてくたびれている時でも笑顔で患者さんやご家族とは接しています。

 

ほんの少し前まで文句を言っていた人がすぐに笑顔になれるので、看護師はさながら女優だなと感じます。

 

 

 

新卒で勤め始めた新人看護師や、転職してきたばかりの看護師に対し、経験不足を理由に、労働に見合うだけの残業手当が払ってもらえないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、新人だということは何の言い訳にもならず労基法違反であり、犯罪です。

 

行なった残業は、労働には違いありません。

 

なので、当然、働いた分のお金は、働いた人に支給されるべきでしょう。すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。
これにより、医者にかかる人の数を、そうした高齢者が押し上げて、看護師は忙しくなるばかりです。厳しい労働環境の中で、残業、夜勤とわが身を顧みず働き続けて、結果として過労死を迎えてしまった看護師もいました。
たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、多くは訪問介護の仕事があったりして、それら介護系の仕事でも、高齢者の急な増加により、看護師の需要はうなぎのぼりとなっており、どうやら、看護師を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と接しなければいけないので、不潔な印象にならないよう、髪形にも注意しておきましょう。
いち看護師として、病院内で自己主張が過ぎないように留意しながらも、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが良いでしょう。
病院の雰囲気や方針次第で、髪形への規則の厳しさが変わるということを知っておいた方が良いでしょう。

 

多くの方が看護師を続ける動機としてよくいわれる動機の一つにお給料を多くもらえるということがあると思います。

 

新卒の給料を見ても同世代の新入社員と比較して収入が高めだといえるはずです。ただし、そうやって高いお金をもらって働くということは、その分、自分自身も精進に励み、患者さんにより良い看護を提供できるよう努力が必要なのです。

 

実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。
その方法は、国公立の医療機関で働くことです。
そもそも、看護師は知識や経験を積みながら長く働ける仕事だということで高い人気がありますが、さらに加えて、公務員の待遇もあれば安定性は確実です。

 

手厚い福利厚生に安定した職場、きちんと整備された年金制度などは最大のメリットだと言えるでしょう。女性に人気の高い職業の一つ、看護師になるためには、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、国家試験を受けることになりますが、これにバスしてようやく看護師という肩書きを得ます。

 

この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、授業にまじめに参加して勉強さえしていれば、それほどまでに難しい、というものでもないのです。看護師を養成する学校というのは看護専門学校や短大など、いくつかありますが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる4年制大学に進む人がどんどん増えてきている現状があります。総合病院から介護施設まで看護師は様々な場所で求人がありますが、看護師が働ける職場として実は、保育園があります。こうした保育園を職場にするとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方は適任の職場だと言えます。仕事の内容は、看護師として子どもたちの健康をケアしながら、健康に過ごせるように保育士の仕事を支援するという働きがいのある仕事です。
皆さん想像がつくと思いますが、看護師は女性が大部分を占めているため、結婚、もしくは、出産を理由に、いったん退職する方もいて、その結果、離職率が高い割合を示しています。それにプラスして、勤務時間が一定でないこと、キツい仕事だということも原因となり、最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。

 

自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。

 

離職率が高い職業として看護師が有名ですが、転職率も高いですね。ですから、転職サイトによっては看護師のみに対象を絞ったものが増えつつあります。
専用の転職サイトなら、もっと簡単に自分の希望する条件の求人を探せますから、日々の業務に追われてゆっくりした時間が持てない現役の看護師にぜひ利用してもらいたいです。
複数の転職サイトをランク付けしているサイトがあるので、こちらも合わせて活用すると、さらに便利だと思います。

 

 

 

皆さんご存知のように、看護師の職場環境は千差万別で、町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。

 

意外なところでは、介護施設や保育園も看護師の職場です。

 

一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。
総合病院で勤める看護師と町の診療所の診療所では年収にも差が出てきます。これらの事を考慮すると、平均的な看護師の年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。